メールマガジン
 【 人生で損をしない為の夫婦マネー&ライフ道場】
〜 独立系ファイナンシャル・プランナー CFP伊藤誠さん監修!!

発行周期 ;隔週金曜日 10:00発行
メールマガジンのサンプルはこちら


お金・生活に関わる話題を取り上げ、夫婦で明日はわが身と考えてみる・・・。
あなたの家庭も一緒に考えてみませんか?思わぬ落とし穴が発見できます。

登録は,今すぐ下記のフォームから。

(メールマガジン発行システムによる内容の違いはありません。)

まぐまぐ  まぐまぐマガジンID ;0000111080

■ メールマガジン登録 ■ ■ メールマガジン解除 ■
メールアドレス :

メールアドレス :


めろんぱん  めろんぱんマガジンID ;004625

■ メールマガジン登録 ■ ■ メールマガジン解除 ■
メールアドレス :

メールアドレス :


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【 人生で            】        吉日/2003  
 【 損をしない為の       】        サンプル号
 【 夫婦マネー&ライフ道場 】        http://www.nmura.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■ はじめに

 はじめまして。発行人の中村夫妻です。これから週に一度、「人生で損をしな
い為の夫婦マネー&ライフ道場」と題してメールマガジンを発行していきます。
どうぞよろしくお願いします。
 発行のきっかけは転職でした。収支が大きく変わったことから、お小遣いも大
きく削減。今までカミサンに家計の管理を任せっきりでしたが、しっかり夫婦の
問題として考えていこうということになりました。
 タイトルのとおり、お金や生活に関わる話題を新聞記事から取り上げ、わが家
にはどんな影響があるのかと考えてみるという内容になります。ぜひ一緒に考え
てみませんか。

  また、独立系ファイナンシャル・プランナーであるCFP伊藤誠さんのご好意
により、ワンポイント・アドバイスを頂くことになりました。家計のプロからの
メッセージにも注目です!


■■■ もくじ

-, トピックス
   『生保契約、ここに注意。不十分な商品説明。』


■■■ トピックス

■【 生保契約、ここに注意。不十分な商品説明。 】

〇 生命保険会社のパンフレットの表示や広告を巡る苦情が増えている。公正
取引委員会は誇大表示や利点だけを強調する例が多いとして改善を要望した。

〇 Aさんの父親は大手生保の定期付き終身保険に加入していた。ある日、交
通事故に遭い、完全に記憶を失ってしまった。

〇 パンフレットや約款には、「高度障害になったら死亡保険金と同額を支払
う」と明記してあったのでAさんが保険会社に支払いを請求したところ、認定
されず入院給付金しか受け取れなかったのだ。

〇 「高度障害とは、一生介護が必要な状態を指すから、お父さんのケースは
当てはまらない」というのが保険会社の説明。確かにパンフレットや約款には
小さな文字で明記されており、Aさんは見落としていた。

〇 金融機関の販売ルールを定めた金融商品販売法も、重要事項の説明義務を
課しているものの、広告表示に関する具体規定はない。保険業法なども同様で
トラブルに見舞われても救済は難しく自己責任が原則だ。

 日経新聞 2003/5/18 - 9面 「Money&Life」より抜粋


■【 明日はわが身と考えてみるぞ。 】

 「話しが違うやんけ〜」と耳にする会話ではあるが、実際に保険金となると
深刻にならざるを得ない。死亡保険金と同額が支払われる、支払われないでは
雲泥の差。それも、この記事では「自己責任で」とまとめている。どうしたも
のか。

 カタログトークに疑いはないはずであった。だって有名な会社が嘘つくはず
ないじゃん。と、会社規模大=信頼大みたいな考えがどっかにあった・・・。
が、この記事を読んで少し考えさせられた。

 わが家でも保険には加入している。終身保険+がん保険を子供1人含め3人
で。不安になったので、押入れから関係の書類をひっぱり出して読んでみた。
(初めて見たかも・・約款・・)

 問題の部分「高度障害状態」についての記述を探した。対象となる高度生涯
状態が表にちゃんとまとめられている。 例えば、
 「両眼の視力を全く永久に失ったもの」
 「言語またはそしゃくの機能を全く永久に失ったもの」
 「中枢神経系または精神に著しい障害を残し、終身常に介護を要するもの」
 ・・・
何とも具体的にきっちり書いているではないかぁぁ。しかも、その具体的な定
義までが備考欄に記されていた。

 では今回の記事にあったように記憶を失った場合、我が家の終身保険は??
もしかして保険金は貰えないんじゃ。不安になってきたので、コールセンター
に問い合わせの電話をしてみた。

 ダメでした〜。高度障害保険金は貰えませーん。ショック!
記憶がなくなるという状態は約款に定められておらず、支払いはされないとの
ことでした。言葉も同時に失った場合だと、「言語を失ったもの」と定められ
ているので支払われるのですが・・・。知ってる、知らないで大きく違います
ねー。      

  あなたの家庭は大丈夫ですか?一度は押入れの約款引っ張り出して見てみる
べきだと思いますよ。ちなみに、うちのカミサンは保険を近々替える気まんま
んです・・・。


■【 プロの視点。CFP伊藤誠さんからのメッセージ。 】

  この手の話は、ガン保険でよく耳にします。ガン保険に加入しているので、
ガンと診断されれば、当然保険金が支払われると考えますが、良性や悪性など
と区別があり、保険金が支払われないケースが多々あります。これもよくトラ
ブルになったケースです。これは、一昔前に加入されたガン保険によく見受け
られます。また、一定の年齢以上になると、支給額が半額になることも!やは
り、ご自分の大切な家族が、どのような保険に加入されているか再度認識すべ
きだと思います。


■■■ ご意見、ご感想をお聞かせください

 読者の皆様からのご意見、ご感想をお待ちしております。
 あて先はこちら → info@nmura.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 発行元       :中村夫妻 info@nmura.com  
 監修        :CFP 伊藤 誠 http://www.chienoki.com  
 発行システム   :まぐまぐ http://www.mag2.com/  ID:0000111080  
 購読中止・変更 :http://www.nmura.com/magazine.htm  
 本メールマガジンより生じる損害・トラブル等について責任は負いません
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2003 中村夫妻. All Rights Reserved.