住宅購入に関するご相談

■【 住宅購入に関するご相談 】

> 夫の実家土地に上下階完全分離二世帯住宅の
> 新築(建替)を計画しています。
>
> 土地は約800平米で名義は父と叔父が1/2ずつで登録。
> ハウスメーカーとは契約済で12年4月着工で9月完成予定。
> ハウスメーカーからの請負金額見積りは5600万円。68坪。
>
> 出資比率は夫が4000万で
> 残りを父と叔父で負担してもらえないかと、
> 子世帯より話を切り出しました。
> 4000万は交渉予定。
>
> 父・叔父からの出資、親族ローン、
> 金融機関の住宅ローンで資金調達を考えてます。
> 税金(贈与税、相続税、不動産取得税、固定資産税等)と
> 金融機関へ支払う金利費用を最小にしたく、
> 資金調達出資方法・登記の仕方について
> アドバイスをお願いできませんか?
>
> 同居家族は合計7名。
> 父 60歳 会社員 年収不明 預金1000万
> 母 54歳 パート
> 叔父 70歳くらい 無職 預金3500万
> 弟21歳 会社員
> 夫=相談者 30歳 会社員 年収540万円 預金300万
> 妻 30歳 専業主婦
> 子供 1歳 (将来3人を予定)


■【 CFP伊藤さんからのコメント 】

 こんにちは、『FP知恵の木』伊藤です。ご相談をお寄せいただきありがとうございます!

 まずお尋ねします。建物持ち主は100%夫で良いですか?1番お金がかからないのは、この形です。

 夫が4000万円資金調達し、プラスを父と叔父から1600万円夫が借りる形です。叔父からは借りる形ですが、父からは非課税でもらう方法もとれます。

 登記については、建物100%夫名義で登記です。

 このようにすれば、税金(贈与税0、相続税0、不動産取得税夫のみ、固定資産税夫のみ)と、金融機関へ支払う金利費用を最小については、住宅ローン一括比較と資料請求ができます。

 こちらを活用してください。
 http://www.zubat.net/home-loan/promo/outbound/index.html?ID=cseaw00012

 またのご相談やご感想、お待ちしております。ありがとうございました!
13:56:00 - nmura -

再雇用義務化 年金支給開始との切れ目を防ぐ目的

■【 再雇用義務化 年金支給開始との切れ目を防ぐ目的 】

〇 年金の65歳支給開始は、再来年4月に迫っている。希望者全員が65歳まで働けるようにならないと、老後に路頭に迷う人が続出しかねない。

〇 厚生労働省が高年齢者雇用安定法の改正に乗り出す背景には、そうした切羽詰まった事情がある。

〇 年金の支給開始年齢を65歳に遅らせたことに対応し、厚労省は06年、65歳までの就労を可能にするため、企業に(1)定年年齢の引き上げ(2)継続雇用制度の導入(3)定年制廃止−−のいずれかの採用を義務づけた。

〇 しかし、厚労省の調査では希望通り65歳まで働ける企業は、今年6月時点で全体の47.9%。大企業は23.8%に過ぎない。

〇 厚労省の有識者会議は6月、この基準について「弊害が多い」として、撤廃を求めた。厚労省は中長期の課題として、年金の支給開始年齢を68〜70歳へと遅らせることも検討しており、まずはこの基準を撤廃して65歳までの雇用を確保する必要があると判断した。

 毎日新聞 2011/12/14 - より抜粋


■【 明日はわが身と考えてみるぞ。 】

 厚労省は13年度から、希望者全員を65歳まで再雇用するよう企業に義務づける方針を明らかにしました。

 60歳の定年後、希望者全員を再雇用している企業は半数にも満たず、このままでは賃金も年金もない「空白期間」が生じることになります。60歳からの再就職は相当に困難ですし、雇用される側としてはあって欲しい制度ですね。

 しかし、65歳までの再雇用義務づけには、企業側の反発がとても強いようです。希望者全員の再雇用となると雇用にも限度がありますし、新卒の採用にも影響が出ることは必至ですね。

 ただ65歳まで年金を受け取れなくなることはもう決まっていることですし、定年後の生活設計をどのようにするか、しっかりプランを立てておきたいですね。


■【 プロの視点。CFP伊藤誠さんからのメッセージ。 】

 この記事を見て2点、声を大にして言いたいことがあります。

 1つは、住宅ローンの完済年齢は60歳までで組むこと。住宅ローンが払えなくなる人の多くは60歳以降です。60歳までの住宅ローンでローンが通らなければ、もともと背伸びした買い物なのです。

 2つ目は、20歳代の就労確保と60歳代の就労確保、どちらを優先に考えるのか。借金・つけを子供に回して、しかも仕事の機会も奪うのか。

 60歳代がアルバイトしていても5年後の年金が見えていますが、学校を卒業してアルバイトをしている若者は、結婚も難しい、子供も難しい、住宅購入も難しい、老後資金の確保も難しいですよ。

 勉強会で将来を予想して行動することを学びましたが、60歳以降の方々はこのまま日本が進むと、若者が日本がどうなるか想像してみてほしいですね。
13:55:00 - nmura -

2011-12-16

退職金に関するご相談

■【 退職金に関するご相談 】

> 56歳男性です。
> 年明けに勤続33年で早期退職する予定です。
> 早期退職の優遇制度を利用すると
> 合計で3,900万円の退職金になる見込みです。
> これをすべて一時金で受け取ると
> 所得税と住民税の合計で320万円の税金になるとの試算ですが、
> 退職金のうち1,200万円分を年金で受け取ることもでき
> この場合退職時の税金は合計で110万円程度との試算です。
> 1,200万円を年金で受け取ると
> 利息により受け取り額は最終的にさらに90万円増になるようですが、
> 税金が総額でどのくらいになるかが分かりません。
> 退職金は一時金で受け取るほうが得との情報を見かけますが、
> 1,200万円分を年金で受け取ると、
> 初期の税金の差額である210万円を超える
> 税金が課されるものでしょうか。
> 住民税や国民健康保険料も含めおよそどのようになるのでしょうか。
> よろしくお願い致します。


■【 CFP伊藤さんからのコメント 】

 こんにちは、『FP知恵の木』伊藤です。ご相談をお寄せいただきありがとうございます!

 退職金という一生に1度、大きな選択になりますので最も有利な方法を選択しなければなりませんね。

 また、退職後の生活設計も意識しなければなりません。

 ご質問の件ですが、退職後のその他収入予定・期間により有利な選択方法が異なります。

 退職後のその他収入予定・期間はどのようになるのでしょうか。

 またのご相談やご感想、お待ちしております。ありがとうございました!
13:55:00 - nmura -

中古住宅選びのコツは

■【 中古住宅選びのコツは 】

〇 中古物件は値ごろ感や自分好みにリフォームできる点などが利点だが、物件ごとに状況が違うので、購入するときには耐震性以外にもさまざまなチェックが必要だ。

〇 中古は物件が多く、選択肢が幅広いのも特徴だ。中古はエリアを問わずに点在しており、いろいろな条件の物件から選べる。

〇 一般的にモデルルームを見て購入する新築物件と違い、中古住宅の場合は実物をよくチェックしたい。エアコンなどの設備は付いているか、雨漏りや白アリ被害はないかなど、トラブルを避けるために状況を確認して書面や写真で残しておきたい。

〇 物件を選ぶときは、周辺地域をくまなく歩いてみるのも大切だ。週末に見学して静かだと思っていたら、平日は近くの工場の騒音がひどかったということもある。

 日経新聞 2011/12/10 - より抜粋


■【 明日はわが身と考えてみるぞ。 】

 中古物件の最大の魅力は価格が安いことですね。新築物件とは違い、売り手の利益が圧縮されているので、安く買うことができます。

 三大都市圏の中古マンションの平均価格は、新築に比べて1500万円以上安くなっています。

 耐震性を確認する点では、新耐震基準が導入された1981年6月以降に着工されているか確認したいですね。新基準は大規模な地震でも倒壊しない強さとされています。

 不動産の物件にはバーゲンセールはありません。極端に安い物件であれば、理由があると思って業者や管理組合に聞くなどして、念入りに調べたいですね。


■【 プロの視点。CFP伊藤誠さんからのメッセージ。 】

 新築と中古の家、皆さんは両方住んでみたことはありますか。我が家はありますので、実感としてコメントすることができます。

 駅近新築マンションを15年ぐらい前に購入しましたが、価格は新築時の約40%ぐらいになっています。バブルの後ということもありますが、このころに購入した方はみなさん同じぐらい値下がりしているようです。

 これを今購入しても、計画的にマンション組合が修繕しているのでとてもきれいですし、常に満室なので激安だと思います。

 現在、7年落ちぐらいの中古戸建に住んでいますが、まったく問題なくとても満足しています。もし次に住宅を購入することがあれば中古が良いと思っています。

 新築は30%前後業者の利益が上乗せされているので、中古になると(1日だけ住んでも中古)当然価格がそれなりに下がります。

 中古は住んでいる人が価格を決めるので、良い中古があればかなりラッキーだと思います。

 これから春にかけて引っ越しシーズンになります。住宅購入を検討されている方は、FP知恵の木までご連絡ください。良い中古物件をいっしょにお探しし、有利な住宅ローンを組み、節税のお手伝いもしますよ。
13:54:00 - nmura -

2011-12-09

住宅ローンに関するご相談

■【 住宅ローンに関するご相談 】

> 住宅ローン返済について質問です。
>
> 主人41歳(公務員)、私37歳(派遣社員)、
> 息子1歳、(来年第2子出産予定)
> 主人も私も現在、生命保険加入はなく、
> 預貯金は100万円程度です。
>
> 平成21年に5750万円を借り入れ、
> 変動と10年固定の併用でローンを組みました。
> 年に1回100万円程度の繰上返済をしています。
>
> 変動1.375%
> 現時点残高2690万円
>
> 10年固定2,850%
> 現時点残高2555万円
>
> 来年4月に私の養老保険が満期になり、
> 1400万円はいります。
> 2人目の子供が5月に生まれる予定なので、
> 教育資金のため、200万円×2人分
> を学資保険もしくは主人名義の終身保険を
> 検討したいと思っています。
>
> 残りの1000万円を貯金とローン返済に
> まわしたいと思っているのですが、
> ・貯金とローン返済の割合をどう考えるべきか
> ・変動と10年固定どちらを優先にすべきか
> で悩んでいます。
>
> ご助言よろしくお願いいたします。


■【 CFP伊藤さんからのコメント 】

 こんにちは、『FP知恵の木』伊藤です。ご相談をお寄せいただきありがとうございます!

 住宅ローンの残り返済年数はあと何年でしょうか?ご質問について、私が同じ状況であれば下記のようにします。

 ローン残高5245万円を預金連動型住宅ローンに借り換えて、1400万円を普通預金に入れます。

 預金連動型住宅ローンとは、住宅ローンのうち、普通預金の預け入れ分金利が無料になるユニークな住宅ローンです。

 毎年100万円繰上返済したつもりで、ご自分の普通預金に加算していくと約15年で住宅ローンの残高と普通預金の残高が逆転し、これ以降金利が0円となります。

 詳しくはこちらをご覧ください。
 http://www.chienoki.com/goods08.php

 メリットは、利息が350万円以上軽減できると予想します。1400万円を普通預金に入れておくだけなので、住宅ローンは繰り上げ返済していません。

 よってわざわざ保険料を支払って保険に加入しなくとも、1400万円の団体信用生命保険に加入していることになります。住宅ローン控除も1000万円繰り上げ返済をしていないので毎年10万円節税できます。

 デメリットは、借り換えの費用が40万円ほどかかると思いますが、現在の金融機関を完済することにより数十万の返金もあると思います。

 とても大きなメリットがあると思います。

 またのご相談やご感想、お待ちしております。ありがとうございました!
13:53:00 - nmura -

手軽なミニ保険、賢く使う

■【 手軽なミニ保険、賢く使う 】

〇 負担の少ない保険料で手軽に利用できる「少額短期保険(ミニ保険)」の商品が増えている。コンサートのチケット代を補償したり、病気でも加入したりできるなど、既存の保険会社が扱わない隙間分野の商品も多い。

〇 保険金額の上限は最大1000万円、保険期間は最長1〜2年と限られるものの、月々数百〜数千円程度の手軽な保険料で利用できるのが特徴だ。

〇 便利な少額短期保険だが、注意すべき点もある。簡単な告知だけで加入できる商品は多いが、免責規定もあるので十分に確認しよう。

〇 少額短期保険は公的セーフティーネットや保険料の税控除の対象外だ。こうした点に気をつけて賢く利用したい。

 日経新聞 2011/12/3 - より抜粋


■【 明日はわが身と考えてみるぞ。 】

 様々な種類のミニ保険があることを知りませんでした。旅行先で雨が降った場合に旅行代金を補償してくれるような天気保険は知っていましたが、他にもいろいろとあるようですね。

 通常の地震保険は火災保険とセットで加入する必要がありますが、単独で入れる地震補償保険もあるようです。地震保険に未加入の方は検討してみてもいいかもしれませんね。

 他にも、イベントのチケット代金を補償する保険や、葬儀費用向けの保険など、ユニークなミニ保険もあります。

 また、要介護認定を受けても加入できる介護保険や、糖尿病や歯周病でも加入できる保険などもあります。


■【 プロの視点。CFP伊藤誠さんからのメッセージ。 】

 ミニ保険は知りませんでした。試しに「ちょこっと保険」と検索したら、ヤフーでこんな保険を提供しているようです。良し悪しはわかりませんが・・・

・携行品損害保険金
 携行品(所有かつ携行する身の回り品)が盗難・破損・火災などの事故によ
 り損害が発生した場合。1つにつき10万円〜30万円。保険料月70円〜
 170円。

・住宅内生活用動産保険金
 住宅内の家財に火災などにより損害が生じた場合。1回につき100万円〜
 1000万円。保険料月510円〜1320円。

・個人人賠償責任保険金
 他人にケガをさせたり、他人のものを壊したりした場合。1回につき100
 0万円〜5000万円。保険料月60円〜80円。

・借家人賠償責任保険金
 借家で火災などにより、借用戸室に損害を与えた場合。1回につき300万
 円〜1000万円。保険料月120円〜330円。

・受託品賠償責任保険金
 他人から預かったものを壊したり盗まれた場合。1つにつき10万円〜30
 万円。保険料月130円〜240円。

・キャンセル費用保険金
 死亡または入院により、予約していた特定のサービス(旅行など)の提供を
 受けられなくなった場合。1回につき10万円〜50万円。保険料月20円
 〜80円。

・救援者費用等保険金
 事故により行方不明になったり遭難した場合。1回につき100万円〜50
 0万円。保険料月10円〜30円

・ホールインワン・アルバトロス費用保険金
 ゴルフ場でホールインワン、アルバトロスを達成した場合。1回につき10
 万円〜50万円。保険料月本人のみ補償で120円〜590円
13:52:00 - nmura -

2011-12-02

住宅ローン控除に関するご相談

■【 住宅ローン控除に関するご相談 】

> お世話になります。
>
> 平成13年に当時仕事をしていましたA県で
> 新築の分譲マンションを購入、
> 同年3月に入居し、以降住宅ローン控除を受けています。
>
> 実は今年(平成23年)6月に転職でH県から上京し、
> もうA県には戻る予定もないことから、
> 控除を受けている前述のマンションを売りに出していますが、
> まだ買い手は見つかっておりません。
>
> もし、このまま年内に売却されないとしたら、
> 今年の控除を受けることはできるのでしょうか?
>
> 転職にあたり、繰り上げ返済などしていないので、
> 控除を受ける期間は、まだこの先残っています。
> また、現在は誰も住んでいません。
> 関連サイトでは、
> 「控除を受ける当年の12月13日に住んでいることが控除適用の条件」
> などとありますが、これが本当でしたら今年も含め、
> これ以降はマンションが売れるまで控除は受けられない、
> ということになりますが、
> これは本当なのでしょうか?


■【 CFP伊藤さんからのコメント 】

 こんにちは、『FP知恵の木』伊藤です。ご相談をお寄せいただきありがとうございます!

 住宅ローン控除を受けられる条件として「控除を受ける当年の12月13日に住んでいることが控除適用の条件」は本当です。

 上京して東京に住んでいるのであれば、住宅ローン控除を受けることができません。

 マンション売却で住宅ローンは完済てきますか。もしできないと売却することもできません。

 ご家族も上京されたのですか。住宅ローン控除を受けている途中に会社から転勤辞令が出され、その結果、単身赴任となってしまった場合、中には住宅ローン控除が受けられなくなってしまうのではないかと考える人もいるでしょう。

 しかし、ご家族が残っていれば(=単身赴任)、転勤期間中も本人が住んでいるものとみなしてくれるので、住宅ローン控除が適用されなくなることはありません。これまで通り、還付されます。

 またのご相談やご感想、お待ちしております。ありがとうございました!
13:51:00 - nmura -

家を早く売りたい 業者の見つけ方は?

■【 家を早く売りたい 業者の見つけ方は? 】

〇 売却を仲介会社に頼む場合、媒介契約を結ぶことになります。媒介契約には、複数の会社に売却を依頼できる「一般媒介」と1社限定で頼む「専任媒介」があります。

〇 依頼側には、たくさんの会社に頼める「一般」の方が有利に思えますが、頼まれた会社の方から見れば、他社に契約を取られると、それまでの活動が水の泡になります。

〇 一方、「専任」は他社に契約を取られる心配がなく、広告も打ちやすいので熱心に探してくれる会社が多いようです。

〇 また、「専任」では会員間で不動産取引の情報をやり取りする「レインズ」への掲載も義務付けされており、積極的な販促活動をしてくれることが期待できます。

 読売新聞 2011/11/22 - より抜粋


■【 明日はわが身と考えてみるぞ。 】

 もし家を手放すことになった場合、多くのことを考える必要がありますね。売却をお願いする仲介業者を見つけることもそうですが、住宅ローンが残っている場合は、残債をどうするかも考えないといけないですね。

 家を売るということは、所有権を買主に移転するので、抵当権を抹消することで住宅ローンの残金は一括返済が必要になります。売却代金でローンを全部返せない場合はどうするかしっかり考えておかないといけませんね。

 どの仲介会社に売却をお願いするかもそうですが、売った後のことも計画して進めたいですね。買う時と同じく、売る時も大きく損をしないようにしたいですね。


■【 プロの視点。CFP伊藤誠さんからのメッセージ。 】

 家を早く売りたい。ズバリFP知恵の木へご依頼いただくと有利です。

 理由1)もちろん不動産取引の情報をやり取りする「レインズ」への掲載を行い、全不動産業者に積極的な販促活動を促します。

 理由2)不動産屋さんの仲介手数料を20%値引きできます。不動産屋さんへ家の売却を依頼すると、販売価格×3%+6万円の手数料がとられます。

 3000万円の自宅売却であれば、96万円という大きな金額の手数料を支払わなければなりません。この20%値引なので19.2万円支払いが少なくなります。

 理由3)ほんとうにその家を売却してよいのか、ライフプランより検討します。これは、FPならでは。不動産屋さんに行けば良くも・悪くも家の売却をすすめられます。

 不動産業者から中古住宅やマンションを購入するときも、購入価格×3%+6万円の手数料の手数料が取られます。購入するときも、ズバリFP知恵の木へご依頼いただくと有利です。
13:50:00 - nmura -

2011-11-25

住宅ローン審査に関するご相談

■【 住宅ローン審査に関するご相談 】

> 先日、近所の新築マンション4500万購入の仮契約をしました。
> 夫は46歳、年収870万、勤続16年で
> 過去に延滞などのローン事故は一切おこしておりません。
> 某都市銀行の仮審査はOKがでたのですが、
> 団体保障会社からNGがでてしまい
> 住宅会社の方も不思議がっていたところ、
> 実は6年前に株式投資に失敗をして多額のカードローンを
> 隠していたことがわかりました。
> 6年前は1千万近い借金だったらしいですが、
> 財形貯蓄や生命保険を解約し300万返済しました。
> 更に、その後現在に至るまで
> 銀行系カードローンで400万無事に返済し、
> 現在はカードローン残り300万円だと確認がとれました。
> (延滞は一切ありません)
> このような状況では、住宅ローンはもう絶望的でしょうか?
> 財形貯蓄は既に返済に充当してゼロ、
> 預貯金に充てるはずの毎月の給料も
> 返済にあてているので貯金はゼロで正直、
> 今頃聞かされた時は倒れそうでした。
> 年齢的なこともあり今後、
> 一生住宅ローンは組めず賃貸生活を
> 覚悟しなければならないでしょうか?
> 今は子供が10歳ですが、中学校に進学後は私もフルタイムで、
> できれば正社員で働くつもりですが
> 私も同じ46歳なので心配です。


■【 CFP伊藤さんからのコメント 】

 こんにちは、『FP知恵の木』伊藤です。ご相談をお寄せいただきありがとうございます!

 住宅ローンはカードローンを完済すれば、可能性がでてきますので絶望的というわけではありません。

 それよりも、夫は46歳、年収870万、子供が10歳で、4600万円のマンション購入で住宅ローンを返済していけるでしょうか。

 詳しい状況はわかりませんが、経験値で推測すると返済していけるとは思えません。

 自分たちにとって身の丈に合った住宅購入の金額はいくらであるかを計算されてから、住宅購入に踏み切られることをお勧めします。

 次のページを参考にしてください。
 → http://www.chienoki.com/goods02.php

 もしかすると、今回4600万円のマンション購入ができなかったことが、不幸中の幸いかもしれません。

 またのご相談やご感想、お待ちしております。ありがとうございました!
13:49:00 - nmura -

ネット上で「年金通帳」 13年度から

■【 ネット上で「年金通帳」 13年度から 】

〇 厚生労働省は、公的年金加入者が保険料の納付状況や受給見込み額の一覧を確認できる「年金通帳」について、2013年度からインターネット上で導入する方針を固めた。

〇 預金通帳のように紙に印字するタイプの年金通帳は、多額の費用が掛かることから見送る。

〇 年金通帳について、日本年金機構が2月からインターネット上で運用している年金記録情報提供サービス「ねんきんネット」の新機能として導入する考え。

〇 システム改修に掛かる費用は数億円程度の見込みで、印字タイプの年間数百億円に比べるとコストは大幅に削減できる。

 時事通信 2011/11/16 - より抜粋


■【 明日はわが身と考えてみるぞ。 】

 すべての加入者がいつでも年金記録を確認できる「年金通帳」。消えた年金対策の切り札として、全加入者に交付すると公約されていましたが、実現困難と判断したようです。

 当初想定していたのは、銀行のATMで記帳できる紙の通帳形式でしたが、開発費用が多額になるのと、銀行業界からも反対があり断念したようです。

 代わりに、日本年金機構が運営するウェブサイトで、保険料の納付状況や、将来受け取る年金額の試算などを確認できるそうです。これはこれで、とても便利な仕組みだと思います。

 毎年封書で郵送している「ねんきん定期便」についても、今後、はがきにしたり、郵送の回数を減らしたりして、コストの削減するそうです。


■【 プロの視点。CFP伊藤誠さんからのメッセージ。 】

 ネット上で「年金通帳」いいですね。ネット銀行は通常通帳は発行されませんので、この延長と考えれば良いと思います。

 私もネット銀行を使っていますが、通帳をなくす心配や印鑑をなくす心配がないので、結構便利です。ただしネットを使わない人・使えない人も多数います。

 毎年の法人や個人の確定申告時に申告書の用紙が送られてきますが、ソフトを使って申告書を作成する人にはこの用紙は必要ありません。

 そこで、税務署では翌年から用紙がいらない人というチェックをいれると用紙が送られてこなくなり、節紙と節郵送料となります。

 ネット上で「年金通帳」がはじまったら、年金定期便不用というチエックを設けたら良いのではないでしょうか。
13:48:00 - nmura -

2011-11-18

年末調整の扶養に関するご相談

■【 年末調整の扶養に関するご相談 】

> 楽しみにメルマガ拝見しております。
> 質問ですが。。。
>
> 2か所で働いている場合ですが
> (A 年間103万円未満のパート、)
> (B 月に3日くらいの勤務 年間20万円位になる予定
> 9月から働きはじめた)
>
> Aは年末調整の紙をだしました。
> (103万円未満なので、主人の扶養に入っています)
>
> Bの方も9月から働き始めたところですが。。
> Bの年末調整を出したら、市役所の方では、
> 2か所から働いている事がわかり
> 市民税の関係でAに連絡がいき、
> A・・・主となる会社の方から市民税を、
> 余分に働いた分(Bで働いた分)だけとられる。。。?
> という事でしょうか?
>
> 宜しくお願い致します。


■【 CFP伊藤さんからのコメント 】

 こんにちは、『FP知恵の木』伊藤です。ご相談をお寄せいただきありがとうございます!

 市民税についてですが、AとBの合計に対して課税されます。余分に働いた分(Bで働いた分)だけとられるという事ではありません。

 おおざっぱですが、両方を足して103万円を超えなければ市民税はかからないと思ってください。

 両方を足して103万円を超えても、生命保険や社会保険の控除があれば市
民税がかからないケースもあります。

 103万円というのは、1ケ所でも2ケ所でも3ケ所でも、すべて合計して103万円を超えるか超えないかがポイントとなります。

 またのご相談やご感想、お待ちしております。ありがとうございました!
13:47:00 - nmura -

目減りした投資信託 持ち続けるべき?

■■■ トピックス

■【 目減りした投資信託 持ち続けるべき? 】

〇 投資信託は中長期保有が原則だと言われています。しかし、購入後に目減りがひどくなってきたのに、ずっと持ち続けるより、一定の時期に見直すことをお薦めします。

〇 例えば、一時期注目されたBRICS関連の投信を持っている場合、今もその商品運用で良いのかを確認することです。

〇 投資のタイミングは、これから伸びるところで買い、頭打ちになるところで売るのが重要なポイントです。経済の先行きが見えない場合、一度売って商品を整理し、どの商品に再投資をするのかを考えるとよいでしょう。

〇 損失が確定してしまう、と二の足を踏む人もいますが、基準価額が下がりすぎると投資信託は運用を打ち切ることもあります。持ち続ければ必ずいつかは戻るというものではありません。一度売るという勇気も時には必要です。

 読売新聞 2011/11/8 - より抜粋


■【 明日はわが身と考えてみるぞ。 】

 投資信託は、多くの投資家から資金を集め、プロが株式や債券を使って運用するという仕組みです。

 低金利の銀行預金、リスクの高い株式投資など、個人が安全に資産を増やすことが難しい中、注目を集めているのが投資信託です。投資信託が他の金融商品と大きく異なるのは、資産の運用をプロに一任することです。

 運用がうまくいけば、預貯金以上の収益を得ることができますが、一方で運用がうまくいかなければ元本割れすることもあります。

 投資信託を積立で購入する方法もあります。証券会社によっては、月1000円から積み立てることができます。老後のことを考えると、コツコツ積み立てをして備えるのも一案かもしれません。


■【 プロの視点。CFP伊藤誠さんからのメッセージ。 】

 投資信託を持ち続けるか否か、確かに一度売り損失を確定させる勇気も必要です。

 この時の利点は、確定申告をすることにより、損失を3年間繰り越せる・他の利益と合算できるということです。

 また、他に利益の出ている株や投資信託と合算できるので、利益の出ている株や投資信託で税金を払わずに済ませることもできます。

 さらに、配当金も投資信託の損失と合算できるので配当金から差し引かれた税金を還付することもできます。

 米国の人々は年末のこの時期、利益と損失を故意的に出して節税を行います。特に今年利益が出ている人は損失を故意的に出すことは有利な選択となります。
13:46:00 - nmura -

2011-11-11

離婚後の共有名儀の住宅ローンに関するご相談

■【 離婚後の共有名儀の住宅ローンに関するご相談 】

> 夫と私の共有名儀で住宅ローンが後6年、
> 約700万円位残っています。
> このたび、離婚することになり、
> 残りのローンも私が払っていこうと思っています。
> 今までも私が払ってきました。
> 去年、300万を繰り上げ返済しました。
> そこで、共有名儀を私の名儀にしたいのですが、
> ローンが残っていても名儀は、変更できますか。
> 今、私と息子は、そこに住んでいます。
> 婚姻期間は、31年です。
> その場合、税金(贈与税及び取得税)が、
> かからない方法はありますか?
> 夫には、どのように説得すれば、いいですか?
> 教えてください。


■【 CFP伊藤さんからのコメント 】

 こんにちは、『FP知恵の木』伊藤です。ご相談をお寄せいただきありがとうございます!

 約700万円のローンはすべて夫名義ですか?夫とは普通に会話をすることは可能ですか?

 婚姻期間31年あれば配偶者への住居贈与を利用することができます。

 いずれにせよ、簡単なことではありませんので当社ホームページをご覧になり、一度息子さんとともにご相談にいらっしゃいませんか。

 またのご相談やご感想、お待ちしております。ありがとうございました!
13:43:00 - nmura -

2011-11-04

不動産に関するご相談

■【 不動産投資に関するご相談 】

> 最近、不動産投資の提案を頂き検討しているのですが、
> 不動産投資に対する知識がなく、投資すべきか悩んでおります。
> 投資を検討する一番の理由としては、
> 定年後の生活費の足してとして、死亡保障の一部として、
> 効率的な資産運用と考えております。
> 以下の条件や理由での投資を始めて問題がないか、
> 投資をするにあたり特に確認すべき点、抑えなければならない点、
> 更にはこんな状況で投資をするべきか等、
> 専門家のご意見を聞きたいと考えております。
>
> 【属性】
> 勤続年数:11年
> 首都圏情報に関しては無知
> 不動産投資に対し、知識なし
> 年収:600万
> 家族:私、専業主婦、子1人
> 【物件】
> 約32戸 12階建て新築区分マンション
> 2階1室(1階住居スペースなし) 1K 約26平米
> 【立地】
> 鉄道最寄駅 徒歩:9分
> 鉄道最寄駅 徒歩:10分圏内 9駅利用可能
> 都心を売りにしている。
> 【購入費用】
> 購入価格:2320万(初年度諸経費込)
> 【ローン】
> 頭金:140万
> 借入額:2120万
> ※諸経費は別途支払
> 金利予定 2.35% 2年固定金利 35年 返済額:7万4千/月
> 【管理形態】
> サブリース契約 2年毎見直し
> 手数料+管理・修繕費 約1.9万円/月
> 家賃収入:約9.3万円/月
> 【現状の考え】
> 借入に対し、年間30万〜50万の繰上返済を考えています。
> 特に不動産運用を中心とは考えていませんが、
> 極力はやい返済をし生活費の足しにしたい。
> 【心配要素】
> ・首都圏への知識がないため、立地に対する不安
> ・家賃下落のリスク
> ・金利変動の要素
> ・現在は月の持ち出しが無いですが、
> 必ず持ち出しが増えるがどれくらい増えるか検討がつかない。
> ・リスクの整理、リスク回避の為の手法が分からない。
> (何を事前に確認しておくべきか?)
> ・不動産投資での失敗例をみて不安になる。
>
> アドバイスを頂ければと思います。



■【 CFP伊藤さんからのコメント 】

 こんにちは、『FP知恵の木』伊藤です。ご相談をお寄せいただきありがとうございます!

 新築不動産投資でだまされた相談が年に何回もきます。やめておきましょう。

 理由1)新築の不動産投資でみなさん後悔している

 理由2)35年ローン前提の投資でみなさん後悔している。

 理由3)家賃は下がる サブリース契約 2年毎見直しはないに等しい

 理由4)買ってしまったら取り返しがつかない。お子さんがかわいそう。

 不動産投資に興味があるのであれば、築浅・駅近の中古マンションだけです。空室にならない物件が唯一不動産投資対象です。

 2000万円以上の投資をするのであれば、最低でも東京に出てきて肌で感じてください。メールアドレスをいただければ、築浅で駅に近ちかい中古不動産投資物件とは、どのようなものかPDFでお送りします。

 またのご相談やご感想、お待ちしております。ありがとうございました!
13:41:00 - nmura -

産休中は保険料免除へ 厚生年金

■【 産休中は保険料免除へ 厚生年金 】

〇 厚生労働省は、厚生年金に加入している女性の産休期間について保険料を免除する方針を固めた。出産前42日、産後56日の最大98日間が対象で、保険料を半額負担している企業にとっても負担が軽減される。

〇 企業が産休中の保険料負担を嫌って女性社員に不利な扱いをしないようにすることで、働く女性の出産環境を改善していくのが目的。

〇 現行制度では、無給となる可能性もある育児休業期間に限って保険料免除が認められている。

〇 産休期間については産休前の日給の3分の2が「出産手当金」として健康保険から支給されるため、保険料免除の対象とはなっていなかった。

〇 法改正されると、企業にとっては労使折半で支払う年金保険料について産休中の2〜3カ月分の事業主負担がなくなるほか、産休中の女性にとっても出産手当金から本人負担分を支払う必要がなくなる。

 産経新聞 2011/10/25 - より抜粋


■【 明日はわが身と考えてみるぞ。 】

 厚生年金保険料については、いま様々検討されていますね。厚生年金に加入する女性は、産休中も保険料を支払っているとは知りませんでした。育児休業期間中だけなんですね、保険料免除されるのは。

 産休期間には出産手当金が支給されますが、その中から負担分を支払うのは大変ですね。

 また同時に、厚生年金保険料の算定基準となる標準報酬月額の上限を見直して、高所得者の保険料を引き上げる案も検討されていますね。高所得者を対象とした負担の増加は、介護保険でも検討されています。

 納得のいく負担で、安心して暮らせる社会保障をお願いしたいですね。


■【 プロの視点。CFP伊藤誠さんからのメッセージ。 】

 これは、女性にとっても企業にとっても朗報です。

 社会保険制度はとても複雑でわかりずらいですね。簡単に言うと出産前42日、産後56日の最大98日間、会社に出勤できない女性も雇っている会社も厚生年金保険料を今まで払っていましたが、これを免除しようという話です。

 育児休業期間とは産後56日以後の女性会社お休みのことです。(この期間はもともと保険料免除が認められています。)

 中小企業の社長さんへ。会社で初めて女性社員が出産でお休みして復帰すると助成金がもらえることをご存じですか。最近、お手伝いしている会社でも、この制度をアドバイスして70万円ゲットしました。

 知らない・知っているで、いろいろ損得が異なりますよ。
13:40:00 - nmura -
-->
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ... || Next»

2011-09-09

専業主婦の年金免除基準、年収130万円から引き下げも

■【 専業主婦の年金免除基準、年収130万円から引き下げも 】

〇 政府は、専業主婦らが国民年金保険料の支払いを免除される年収基準について、現行の「130万円未満」からの引き下げを検討する方針を決めた。

〇 「週30時間未満」という労働時間の基準も、対象を減らす方向で見直す方針だ。

〇 パートなどで働く主婦の厚生年金への加入を増やして老後の保障を手厚くするのに加え、「専業主婦を優遇しすぎだ」という現行制度での不公平感を和らげる狙いがある。

〇 「年収130万円未満」という基準は、夫の収入で所得税などの配偶者控除を利用できる「年収103万円以下」という基準とともに、主婦の働き方に影響を及ぼしている。

 読売新聞 2011/9/2 - より抜粋


■【 明日はわが身と考えてみるぞ。 】

 保険料が免除されている専業主婦の人たちは、「国民年金第3号被保険者」とされ、約1021万人います。

 現行の年金制度では、年収が130万円未満で労働時間が週30時間未満であることが要件になっています。

 主婦の人が働く際によく言われるのが、103万円と130万円の壁。配偶者控除が受けられ、所得税を払わなくていいのが年収103万円までです。社会保険(健康保険・年金など)の被扶養者の範囲が年収130万円までです。

 この壁が変更になると、主婦の人の働き方が大きく変わりますね。実際にどうなるか注視したいですね。


■【 プロの視点。CFP伊藤誠さんからのメッセージ。 】

 来るべきところに、やっと来ました。と私は思います。(怒る人もいると思いますが。)

 自営業の妻が毎月15,000円前後の保険料を支払い、65歳からやっと年間80万円(最高額)の年金を受給するのに対し、サラリーマンの妻は毎月の保険料を支払わないで、年間80万円(最高額)の年金を受給できる。これは誰がどう考えても不公平だと思いませんか。

 もうひとつ、主婦の人が働く際によく言われる103万円と130万円の壁なんかあるので、ほんとうは能力のある女性が働いていないのです。これは日本経済にとっても大きなマイナスです。

 専業主婦らが国民年金保険料の支払いを免除される年収基準について、現行の「130万円未満」からの引き下げについて、私は賛成です。
13:57:00 - nmura -

2011-09-02

不動産に関するご相談

■【 不動産に関するご相談 】

> 初めて質問させていただきます。
> 今住んでいるマンションが手狭で、
> 近所に住み替えを検討していますが、
> 所有のマンションを出来れば売らずに賃貸に出し、
> 将来の資産として残したいのですが、
> 担当の不動産屋さんは、「うまみはないので売ることです」
> とのことで悩んでます。
> 現在所有のマンション
> 横浜市・築16年・購入時3890万円・2LDK・ローン残高850万円
> 同じマンションの事例を見ると、売却はなかなか難しく、
> 最終的には1000万〜1200万で売却するしかないようです。
> 新たに検討しているマンション
> 近所の69平米・築6年・2380万円
> 家族構成
> 夫・42歳年収820万円
> 妻・44歳パート・年収70万円
> 娘7歳・9歳2人
> 貯蓄900万円
> 現在のローンは貯蓄連動型のローンで
> 金利は殆ど払っていない状態です。
> 購入後の貯蓄は500万に減る。
> 金融機関に問い合わせましたら、
> 不動産投資ローンに借り換えをすれば
> 2つのローンを合わせて借りることは可能です。
> (投資ローン850万・20年・年間70万円、
> 住宅ローン2140万33年・年間115万円)
> 賃貸に出してる上階の事例では月10万ほどの家賃になります。
> 繰り上げ返済しながら頑張ってきたマンションへの愛着と、
> 将来娘への住まいとして使えるかもしれないと言う思いから、
> 慌てて安値で売ってしまうより残したい気持ちが強いのですが、
> 借り手が付かなかったり、管理費がかかったり、
> 一般的にはやはり売ってしまう方が良いのでしょうか?
> 不動産屋さんは20年になる前に売るのが得策と言います。
> アドバイスをいただけましたら幸いです。
> よろしくお願いいたします。


■【 CFP伊藤さんからのコメント 】

 こんにちは、『FP知恵の木』伊藤です。ご相談をお寄せいただきありがとうございます!

 担当の不動産屋さんが「うまみはないので売ることです」と言う理由は、売却してもらうことで、担当の不動産屋さんの商売になるので、そのように言っている可能性が高いと思います。

 賃貸の場合、担当の不動産屋には、逆にうまみがないからです。

 賃貸にするか、売却にするかですが、これは単純にそれぞれの場合について試算し、どちらが有利か比較をしてみることです。

 これには、賃料予想収入や現在のローン毎月返済額、その他の情報が必要となります。

 私も住居マンションを賃貸に出し、別の場所に住んでいます。ローン残高が少ないことと、月10万ほどの家賃がとれれば賃貸のほうが良いのではと想像しますが実際に試算してみないとなんとも言えません。

 よろしければ、試算のお手伝いをいたしますので、FP知恵の木ホームページをご覧になりご一報ください。

 FP知恵の木 http://www.chienoki.com/

 また、新規住宅ローンについてどこの金融機関が有利かも合わせて行っていますので、こちらもご利用ください。

 またのご相談やご感想、お待ちしております。ありがとうございました!
12:00:00 - nmura -

住宅ローンの団体信用生命保険

■【 住宅ローンの団体信用生命保険 】

〇 団体信用生命保険は住宅ローンの契約者が死亡、あるいは高度障害を負った場合、保険金が金融機関などに支払われ、ローンの残債がなくなる生命保険です。

〇 多くの金融機関で団信加入を融資の条件にしています。住宅金融支援機構の「フラット35」などは任意加入で、入る場合は別途保険料を払います。

〇 保険料はローンの借入額と返済期間、返済方法によって変わります。

〇 例えばフラット35の場合、返済期間35年で2000万円借り、年払いで元利均等で返済する場合、保険料の総支払額は約150万円になります。

 日経新聞 2011/8/28 - より抜粋


■【 明日はわが身と考えてみるぞ。 】

 住宅ローンを組む際に、借入するお金以外にもいろいろと費用がかかりますが、団体信用生命保険(団信)もその一つ。以外とかかりますよ。

 生命保険ではありますが、年末調整の控除対象にはなりません。

 団信は、住宅ローンの返済中に、死亡・高度障害になった場合に備えて加入する保険。加入していれば、万が一の事態になっても、住宅ローンが清算されるから安心です。

 民間の金融機関では住宅ローン契約時に、団信加入が必須なようです。しかし、フラット35では、団信に加入するかどうかは任意で決められます。団信を民間の生命保険で代用することで、もしかしたら節約できるかもしれませんね。


■【 プロの視点。CFP伊藤誠さんからのメッセージ。 】

 持病があり、住宅ローンの団体信用生命保険に加入できない方は「フラット35」などの任意加入はとても助かります。

 団体信用生命保険に加入できないので家が買えないという方は少なくないからです。

 逆に健康な人は、団体信用生命保険料を利息とは別に支払わなければならない場合、単純に利率だけで金融機関を選ぶと不利な金融機関を選ぶことになります。

 通常民間の金融機関は団体信用生命保険料を別料金ではとらず、金利に含める場合が多いからです。

 現在、住宅ローン金利がまた最低近くになり、各金融機関がキャンペーンを行うようになりました。

 住宅ローンの借り換えについて、下記リンク先から節約額の資産と一括資料請求が可能です。

 http://www.zubat.net/home-loan/refinancing.html?id=cseaw00012
11:59:00 - nmura -

2011-08-26

不動産に関するご相談

■【 不動産に関するご相談 】

> 専門家のアドバイスを頂戴いたしたく、
> 投稿させて頂きます。
> 家族が増え、マンションが手狭になってきたため、
> 住み替えを考え始めました。
> 現金の余裕は殆どない為、普通に考えれば売却し、
> 新居購入ということになるのだと思うのですが、
> 現在保有のマンションが運用価値があるように思え、
> また自分たちも将来的に戻ってきたいという愛着もある為、
> 手放さずに済む方法はないかと考えております。
> 家族構成: 夫(35才) 妻(35才) こども(2才)
> マンション概要: 港区芝タワーマンション,
> 築7年, 1LDK 
> (部屋からは東京タワーがばっちり見えます。)
> 購入時 5,000万円
> 現在査定金額 6,000万円前後
> 住宅ローン残 3,500万円
> 年収 夫 1,200万円  妻 450万円
> 賃貸想定金額 月25万円程度
> 新居想定価格 6〜7,000万円
> 手元資金: 少
> やはり売却するしかないでしょうか?
> アドバイスよろしくお願い致します。


■【 CFP伊藤さんからのコメント 】

 こんにちは、『FP知恵の木』伊藤です。ご相談をお寄せいただきありがとうございます!

 2つ方法が考えられます。

 1つは、賃貸に出すことを前提に不動産賃貸物件として現在のマンションを位置づけ、新規に新居想定価格6〜7000万円を夫が購入する。

 2つめは、賃貸に出すことを前提に不動産賃貸物件として現在のマンションを位置づけ、新規に新居想定価格6〜7000万円を妻が購入、夫連帯保証人となる。

 いすれにしても、金融機関との交渉となり、OKの金融機関と否認される金融機関があると考えられます。

 この手の話に肯定的な金融機関と否定的な金融機関がありますので、現在借りている住宅ローン金融機関を変更するなどの検討も必要となります。

 将来的に大きな意思決定となるお話なので、可能性を追求・比較し検討されることをお勧めします。

 上記2つの方法が可能であるか金融機関を複数交渉できますので、よろしければFP知恵の木までご一報ください。

 またのご相談やご感想、お待ちしております。ありがとうございました!
11:57:00 - nmura -

2011-08-19

住宅ローンに関するご相談

■【 住宅ローンに関するご相談 】

> 現在、両親と長男夫婦(と子供2人)が同居しております。
> 両親と長男夫婦は仲が悪く、
> マンションの親子ローンがあるために
> 別々に住みたいのにできません。
> マンションは長男夫婦に渡し、
> 両親は家を出たいと考えています。
> 今、残っているローンを
> 長男夫婦が月々の返済に困らない程度に支払えるよう
> ローンを組みなおす事はできるものなのでしょうか?
> 長男だけの名義に変えたいのですが、
> 可能なものでしょうか?


■【 CFP伊藤さんからのコメント 】

 こんにちは、『FP知恵の木』伊藤です。ご相談をお寄せいただきありがとうございます!

 住宅ローンを組みなおすことは、簡単ではありませんが可能性はあります。長男だけの名義に変えることも可能です。

 できるとすれば、マンションの住宅ローン返済に対し、長男夫婦の収入が十分ある時です。

 購入価格・ローンの残高と、残り返済年数・長男夫婦の年収を教えてください。可能性があるかどうか、おおよその見当はつきます。

 またのご相談やご感想、お待ちしております。ありがとうございました!
13:33:00 - nmura -

民間介護保険の選び方は?

■【 民間介護保険の選び方は? 】

〇 介護が必要になった65歳以上の人は通常、公的な介護保険制度で食事や入浴などのサービスを受けられます。

〇 自己負担分を貯蓄で用意した場合、要介護の状態が長くなると、その分、取り崩す金額が増えます。そうした負担分を補うのが民間の介護保険に入るメリットといえるでしょう。

〇 民間介護保険の保険金には、主に介護が必要になったときに受け取る「一時金」と介護が必要な期間に定期的に受け取る「年金」の2種類があります。

〇 もし家計に余裕があるなら貯蓄型を薦めます。貯蓄型は保険料の支払額は多くなりますが、最終的に払った保険料の大部分が戻ってくると考えられるからです。

 日経新聞 2011/8/14 - より抜粋


■【 明日はわが身と考えてみるぞ。 】

 多くの家庭にとって民間の介護保険は必ずしも加入が必要な商品ではないと思います。しかし自分に介護が必要になったときのことが不安な場合には、備えておいてもいいかもしれませんね。

 特に子どもがいる家庭では、教育費や住宅炉0ンの支払いなど優先すべき支出が多くなります。支出の多い時期が過ぎてから介護への備えを始めても、間に合う場合も多いようです。

 通常、公的な介護保険制度で食事や入浴などのサービスを受ける場合、費用の1割は自己負担になるので、要介護度によっては月額3万円程度が必要になります。

 さらに買い物の代行など介護保険の適用外のサービスを使ったり、手厚い介護を受ける際の費用は自己負担になります。

 老後の備えのひとつとして、介護のことも念頭においておきたいですね。


■【 プロの視点。CFP伊藤誠さんからのメッセージ。 】

 介護保険はよくよく調べて加入したほうが良いですよ。介護になったら支給されると思ったら、おおきなまちがいです。

 入院保険(医療保険)は入院すれば、どんなケガでも病気でも保険金が支給されます。生命保険(死亡保険)は死亡すれば保険金が支給されます。

 介護保険は違いますよ。

 だいたい、介護そのものの知識を持っている方は少ないのではないでしょうか。要介護が4以上だとか、このような・あのような場合とか、いろいろと条件がついています。

 この条件が民間保険会社によりバラバラです。
13:32:00 - nmura -

2011-08-05

個人年金に関するご相談

■【 個人年金に関するご相談 】

> こんにちは。
> 疑問があるのでメールしました。教えてください。
> 先日のメルマガで、個人型確定拠出年金の魅力、
> についていわれていました。
> 個人年金とはどうちがうのでしょうか。
> 私は個人年金定額うんぬんとやらに加入しました。
> 10年間外貨で運用し、その運用益を、
> 年金タイプで何年かに分割して受け取る訳ですが、
> 運用中の利息は何万円かは非課税、受け取る時も、
> 預金より税的優遇措置がはかられていて、
> 所得一時扱いになり50万円(?)までは非課税、
> それ以上に20パーセントの税金がかかるとかなんとか効きました。
> それは本当なのでしょうか。
> また、これは個人型401Kとは別物なのでしょうか。
> 教えてください。
> よろしくおねがいします。


■【 CFP伊藤さんからのコメント 】

 こんにちは、『FP知恵の木』伊藤です。ご相談をお寄せいただきありがとうございます!

 これは個人型401Kとは別物です。

 個人年金は、所得一時扱いになり50万円までの利益は非課税はほんとです。

 個人型確定拠出年金と個人年金の最大の違いは払う時です。

 ・個人型確定拠出年金

 毎月積み立てている金額そのものが所得控除の対象になる。
 最高月23,000×12ケ月=276,000円控除

 ・個人年金
 年間10万円以上の支払いで最高50,000円の控除

 簡単に言うと、サラリーマンで言えば、年末調整の時にもどる税金の金額が、個人型確定拠出年金に加入すると個人年金より多いということです。

 またのご相談やご感想、お待ちしております。ありがとうございました!
13:31:00 - nmura -

教育ローン・奨学金 手続き早めに

■【 教育ローン・奨学金 手続き早めに 】

〇 教育費の準備が遅れたり、予想外に金額が膨らんだりしたとき、教育ローンや奨学金の利用も選択肢の一つだ。

〇 日本政策金融公庫の「国の教育ローン」は、子ども1人につき最大300万円までで、普通は保護者が借りる。基本的に一年中申し込みが可能だ。

〇 審査は通常、10日程度かかり、資金が振り込まれるまでにさらに1週間ほどかかる。審査に時間がかかることもあり、大学の入学費用を支払う直前に申し込むと間に合わない恐れがある。

〇 結果として利用しなくても不利益になることは基本的にない。少しでも心配なら、申し込み手続きだけしておいてはどうか。

 日経新聞 2011/7/24 - より抜粋


■【 明日はわが身と考えてみるぞ。 】

 家を購入すると同じくらいの費用がかかると言われる教育費。特に入学時や、大学に通うとなった場合には、まとまったお金が必要となります。

 できれば前々から準備をしておきたい費用ですが、入学金や授業料、受験にかかった費用、住居にかかる費用などの使い道で、教育ローンをくむことができます。

 民間の金融機関でも教育ローンを借りることができますが、日本政策金融公庫の「国の教育ローン」だと、子ども1人につき300万円以内、返済期間が15年以内で借りることができます。現在の利率は年2.85%です。

 できるだけ準備をしっかりして備えたいですが、もし間に合わなかった場合などには知っておきたいですね。


■【 プロの視点。CFP伊藤誠さんからのメッセージ。 】

 教育ローン利用しなければならない親が老後生活資金に困り、子供に負担をかけるケースが見受けられます。これは、親にとっても子にとっても不幸であるみとは想像できるでしょう。

 そこで、教育ローンを利用しなければならない場合、利用する順番。

 1)奨学金利用で子供が将来ローンを返済する

 2)日本政策金融公庫の「国の教育ローン」を利用して子供が将来ローンを
  返済する

 民間の教育ローンは避けた方が良いです。理由は、
 ・金利が高い
 ・審査が通りずらい(教育ローンを借りなければならない家庭であると判断
 されているため)

 教育ローンを借りるときは親の見栄をはらず、子供と相談して子供が返済することを了解してもらい実行したほうが良いでしょう。

 もし、その後親に資金的余裕ができれば、子の結婚資金や住宅取得資金でサポートされることをおすすめします。
13:30:00 - nmura -

2011-07-29

個人年金に関するご相談

■【 個人年金に関するご相談 】

> こんにちは。
> 疑問があるのでメールしました。教えてください。
> 先日のメルマガで、個人型確定拠出年金の魅力、
> についていわれていました。
> 個人年金とはどうちがうのでしょうか。
> 私は個人年金定額うんぬんとやらに加入しました。
> 10年間外貨で運用し、その運用益を、
> 年金タイプで何年かに分割して受け取る訳ですが、
> 運用中の利息は何万円かは非課税、受け取る時も、
> 預金より税的優遇措置がはかられていて、
> 所得一時扱いになり50万円(?)までは非課税、
> それ以上に20パーセントの税金がかかるとかなんとか効きました。
> それは本当なのでしょうか。
> また、これは個人型401Kとは別物なのでしょうか。
> 教えてください。
> よろしくおねがいします。


■【 CFP伊藤さんからのコメント 】

 こんにちは、『FP知恵の木』伊藤です。ご相談をお寄せいただきありがとうございます!

 これは個人型401Kとは別物です。

 個人年金は、所得一時扱いになり50万円までの利益は非課税はほんとです。

 個人型確定拠出年金と個人年金の最大の違いは払う時です。

 ・個人型確定拠出年金

 毎月積み立てている金額そのものが所得控除の対象になる。
 最高月23,000×12ケ月=276,000円控除

 ・個人年金
 年間10万円以上の支払いで最高50,000円の控除

 簡単に言うと、サラリーマンで言えば、年末調整の時にもどる税金の金額が、個人型確定拠出年金に加入すると個人年金より多いということです。

 またのご相談やご感想、お待ちしております。ありがとうございました!
13:30:00 - nmura -

住宅ローン 低金利競争

■【 住宅ローン 低金利競争 】

〇 住宅ローンの低金利競争が加速している。新規顧客の獲得や借り換え需要を狙って、変動金利型を中心に信託銀行や地方銀行が金利優遇幅を相次ぎ拡大しているためだ。

〇 変動型では顧客との取引の密接さに応じて、過去最低水準とされる年0.7%程度の超低金利を適用する銀行も現れた。

〇 企業の資金需要低迷を背景に金融機関は個人向けローンに力を入れており、金利優遇に拍車がかかりそうだ。

 日経新聞 2011/7/22 - より抜粋


■【 明日はわが身と考えてみるぞ。 】

 住宅を購入する際にまず考えるのが住宅ローン。やはり住宅ローンの金利は気になりますね。金利は少しの違いで、大きく支払額が変わってきますからね。

 年0.7%の変動金利は異例ともいえる超低金利です。現在、新規融資の約半分は変動型で借りるようです。原則半年ごとに金利が変わりますが、目先の金利負担を軽減できるため人気なんだそうです。

 住宅ローンの借り換え需要も金融機関は狙っているようです。2009年度の新規融資額に占める比率は、借り換えが約33%に達しました。低金利な今、住宅ローンの借り換えによるメリットも大きいみたいですね。


■【 プロの視点。CFP伊藤誠さんからのメッセージ。 】

 銀行もお金を貸す先がほんとうにないんだと思います。

 銀行商売は預かったお金を企業等に貸して、利息で稼ぐことが本業ですが、預かったお金を貸す先が今ほとんどないのが現状です。

 そこで、しかたがなく日本国債を購入して利息を得るのですが、日本国債を買うより住宅ローンでお金を貸すほうが焦げ付きの心配もなく、確実に長期に儲かるので、住宅ローンの低金利競争が加速しているのでしょう。

 消費者側はこれを有効に使わない手はありません。

 どこの住宅ローンが有利か、借り換えをしたほうが良いか。FP知恵の木にお尋ねください。
13:28:00 - nmura -

2011-07-22

住宅ローンに関するご相談

■【 住宅ローンに関するご相談 】

> はじめまして。
> 先日、新築分譲マンションの契約といたしました。
> 住宅ローンを組もうと審査を出しましたが
> 民間銀行住宅ローンとフラット35の仮審査を受けましたが、
> 結果は断られました。
>
> 詳細ですが
> 購入価格3080万円
> 自己資金1500万円
> 私の年齢が入居本契約時47歳
> 年収276万円(昨年度は、入院しており前々年度は297万円
> ローン金額は1650万円
> 32年返済予定
>
> 但し、昨年の入院歴は子宮体癌で全摘出、現在は異常なし。
> 癌に関する投薬も行っておりません。
> 入居人数は1人です。
>
> クレジットカードの返済も残金は完済しております。
> キャッシングもありません。
> 唯、1社のクレジットカードがリボ払いになっていることを知らずに、
> リボ払いは解約いたしました。
> 解約証明書の発行を求めましたが、出来ないと言われましたが、
> 確かにリボ払いは解約しております。
> 後、ケーブルテレビの月々の支払いはクレジット支払いとなっております。
> それは、審査に不利になっているのでしょうか?
>
> 癌になったことで、団信加入が出来ないのは承知しております。
> よって民間銀行の住宅ローンは難しいとは自身でも承知しております。
>
> 住宅会社からの回答は、
> 年収と返済期間に難色があるように言われております。
>
> 仮に、自己資金を300万円上乗せして、
> ローン返済期間を25年にした場合等々、
> 何か審査可能になるプランはないでしょうか?
>
> 父親が76歳で持ち家を所有しております。
> 父親の持ち家を担保にするなどしても難しいのでしょうか?


■【 CFP伊藤さんからのコメント 】

 こんにちは、『FP知恵の木』伊藤です。ご相談をお寄せいただきありがとうございます!

 年収300万円以下で住宅ローンの審査を通すことは難しいのが現実です。

 クレジットカードやリボ払いは特に問題になっていないと思います。今回の購入はあきらめ、年収が300万円以上になってから、再度物件を探すか、どうしても購入希望であれば、父親の持ち家を担保に住宅を購入するこはできませんが、父親がリバースモーゲージを利用して父が借入をして、娘に購入資金を貸すことはできるかもしれません。

 ご関心があれば、FP知恵の木までご一報ください。
 http://www.chienoki.com/goods06.php

 FP知恵の木では、少子高齢化時代の資産形成について、毎週無料メールマ
ガジンを配信しています。よろしかったら、この機会にぜひご登録ください!
http://www.chienoki.com/seminar06.php

 またのご相談やご感想、お待ちしております。ありがとうございました!
13:26:00 - nmura -

個人型確定拠出年金 魅力知って

■【 個人型確定拠出年金 魅力知って 】

〇 個人が掛け金を積み立てて預貯金や投資信託などで運用、成績次第で老後の給付額が変わるのが個人型確定拠出年金制度(個人型401k)。

〇 税制優遇が手厚く、老後資金づくりに役立つ仕組みだが、あまり知られておらず、利用はごく少数にとどまっている。

〇 個人型401kの掛け金は全額、所得控除されるのでその分課税所得が減り、税金も少なくなるわけだ。

〇 個人型401kが使えるのは、自営業者と、独自の企業年金をもたない会社員。掛け金の上限額は自営業者で月6万8千円、会社員で月2万3千円だ。

 日経新聞 2011/7/10 - より抜粋


■【 明日はわが身と考えてみるぞ。 】

 導入後まもなく10年になる個人型401kですが、加入者はまだ12万人程度。節税メリットが大きいことはあまり知られていないのかもしれない。

 具体的な節税のメリットとしてはまず、掛け金は全額所得控除で運用中の収益は非課税となります。また、受け取り時の一時金は退職所得控除、年金では公的年金等控除が使えます。

 老後の資金づくりをしながら節税と効果大の仕組みですが、注意点は原則として60歳まで引き出せないこと。教育資金や住宅資金には向きませんね。

 老後まで使わないでいい余裕資金を充てて取り組んでみたいですね。


■【 プロの視点。CFP伊藤誠さんからのメッセージ。 】

 個人型確定拠出年金、お金を貯めるにはとてもおすすめ商品です。

 なぜ流行しないと思いますか。それは売る側の論理が働いているからです。正直、売る側としては儲けがほとんどありません。

 金融商品については、消費者にとってとても有利な商品も売る側の儲けが少ない商品はほとんど広告されませんし、案内もされません。そこで、FPの出番があるのですが・・・。

 投資信託を毎月1万円購入するお客さんと、1回で300万円購入するお客さんとどちらを金融機関は狙うと思いますか。

 答えは明白です。しかし、消費者側からすると、毎月1万円投資して積み立てることは、とても優位なことを知らされていません。

 また、金融機関は長期保有するお客さんより、短期で売買してくれるお客さんのほうが儲けになるので、こちらを優先します。

 結論としては、金融機関がセールスする商品が必ずしも消費者にとって優位であるわけではないという事です。
13:24:00 - nmura -

2011-07-15

教育費、どうためる?老後資金と分け、計画を

■【 教育費、どうためる?老後資金と分け、計画を 】

〇 教育費は「家を買うのと同じくらいお金がかかる」といわれる。老後資金と教育費をどう両立するか、悩む人も多そうだ。

〇 教育費準備のポイント5カ条
 (1)出産と同時に準備を開始
 (2)教育費と老後資金は分ける
 (3)保険だけに頼らず分散する
 (4)高校までは毎月の家計費で賄う
 (5)親が出せる範囲を明確にする

〇 教育費として取り分けるお金は、大学など高等教育機関の費用だ。大学入学時に必要なお金の目安はよく300万円といわれる。

〇 大学の費用の準備期間は17年程度ある。時間を生かし、一部を投資信託などで運用するのも一案だ。

 日経新聞 2011/7/10 - より抜粋


■【 明日はわが身と考えてみるぞ。 】

 幼稚園入学から大学卒業までの教育費は全部でどれくらいかかるのでしょうか。すべて公立で進むと約1000万円、私立で進むと約2300万円かかるそうです。家を買うのと同じくらいというのもうなずけますね。

 とはいえ子どもには望む通りの人生を送らせてやりたいもの。高校までの教育費は毎月の家計で賄ったとして、大学入学時に必要なお金の目安300万円は準備しておきたい。

 昔は教育費を貯めるといえば学資保険だったが、今では保険各社から利回りが高めの保険もでています。途中解約すると元本割れすることもありますが、何らかの形で準備は進めておきたいですね。


■【 プロの視点。CFP伊藤誠さんからのメッセージ。 】

 私は一部を投資信託などで運用するのは賛成です。

 私が子供のころ郵便局の学資保険は年率5〜7%ぐらいありましたので、私の親世代は郵便局の学資保険に加入することが正解でした。

 17年もあれば資金は2倍以上に増えることも少なくありませんでした。今は良くても1%あるか・ないかの金利です。下手をすると支払額より満期金のほうが少ないこともありえます(保険料分は差し引かれるため)。

 そこで一部を投資信託などで運用するのも一案です。17年後に300万円を貯めるには毎月いくら積み立てることが必要でしょう

 ・金利1%の場合 毎月13,500円必要
 ・金利3%の場合 毎月11,300円必要
 ・金利5%の場合 毎月 9,300円必要
 ・金利7%の場合 毎月 7,600円必要

 毎月積み立て投資をしませんか。毎月10,000円で17年後に300万円ぐらいの目標で。どこかで、毎月積み立て投資の優位性をご紹介したいと思います。
13:21:00 - nmura -

教育費、どうためる?老後資金と分け、計画を

■【 教育費、どうためる?老後資金と分け、計画を 】

〇 教育費は「家を買うのと同じくらいお金がかかる」といわれる。老後資金と教育費をどう両立するか、悩む人も多そうだ。

〇 教育費準備のポイント5カ条
 (1)出産と同時に準備を開始
 (2)教育費と老後資金は分ける
 (3)保険だけに頼らず分散する
 (4)高校までは毎月の家計費で賄う
 (5)親が出せる範囲を明確にする

〇 教育費として取り分けるお金は、大学など高等教育機関の費用だ。大学入学時に必要なお金の目安はよく300万円といわれる。

〇 大学の費用の準備期間は17年程度ある。時間を生かし、一部を投資信託などで運用するのも一案だ。

 日経新聞 2011/7/10 - より抜粋


■【 明日はわが身と考えてみるぞ。 】

 幼稚園入学から大学卒業までの教育費は全部でどれくらいかかるのでしょうか。すべて公立で進むと約1000万円、私立で進むと約2300万円かかるそうです。家を買うのと同じくらいというのもうなずけますね。

 とはいえ子どもには望む通りの人生を送らせてやりたいもの。高校までの教育費は毎月の家計で賄ったとして、大学入学時に必要なお金の目安300万円は準備しておきたい。

 昔は教育費を貯めるといえば学資保険だったが、今では保険各社から利回りが高めの保険もでています。途中解約すると元本割れすることもありますが、何らかの形で準備は進めておきたいですね。


■【 プロの視点。CFP伊藤誠さんからのメッセージ。 】

 私は一部を投資信託などで運用するのは賛成です。

 私が子供のころ郵便局の学資保険は年率5〜7%ぐらいありましたので、私の親世代は郵便局の学資保険に加入することが正解でした。

 17年もあれば資金は2倍以上に増えることも少なくありませんでした。今は良くても1%あるか・ないかの金利です。下手をすると支払額より満期金のほうが少ないこともありえます(保険料分は差し引かれるため)。

 そこで一部を投資信託などで運用するのも一案です。17年後に300万円を貯めるには毎月いくら積み立てることが必要でしょう

 ・金利1%の場合 毎月13,500円必要
 ・金利3%の場合 毎月11,300円必要
 ・金利5%の場合 毎月 9,300円必要
 ・金利7%の場合 毎月 7,600円必要

 毎月積み立て投資をしませんか。毎月10,000円で17年後に300万円ぐらいの目標で。どこかで、毎月積み立て投資の優位性をご紹介したいと思います。
13:20:00 - nmura -

2011-07-08

住宅ローンに関するご相談

■【 住宅ローンに関するご相談 】

> はじめまして。
> 50になり、両親とも健在ですが高齢です。
> 私は独身、妹が一人いますが、結婚しております。
> 老朽化した家の建て直しを計画中です。(※同居)
> 費用・約2800万。自己資金600万、親の援助800万、
> 住宅ローン・1400万
> 土地・建物の現在の名義は父ですが、ローンのこともあり、
> わたしの名義にて建築計画を進めております。
> ある銀行へのローン申請において、
> 公共料金の領収書が必要とのことで、
> わたし名義のものをとのことですが、
> これまで父名義ですべて行っており、
> 電気・ガス等いずれにおきましても、
> 名義変更には約2カ月かかるとのこと。
> まずここをどのようにすればよろしいものかと。
> 次に、贈与関係につきまして、
> 現金の援助を受けることは父から承諾を得ましたが、
> 建替える物件上、建物のみをわたしの名義にし、
> 土地についてはこれまで通り、
> 父の名義のままが良いのでしょうか。
> 8月後半に引越し、9月より取り壊し・・・
> 以上、宜しくお願いします。
> 来年3月ごろ完成の計画で進めておりますが、
> ローン等、まだ白紙の状態です。
>
> 以上、宜しくお願いいたします。


■【 CFP伊藤さんからのコメント 】

 こんにちは、『FP知恵の木』伊藤です。ご相談をお寄せいただきありがとうございます!

 公共料金の領収書については、事情を金融機関に話をしてみてください。多分問題ないと思います。

 建物のみをご自身の名義にし、土地についてはこれまで通り父の名義のままで良いでしょう。土地の名義を変えるには譲り受けるか、購入するかになりますので現実的ではありません。

 費用が約2800万円。自己資金600万円、親の援助800万円、住宅ローン1400万円。

 これならば、故意的に2800万円融資を受け、1400万円普通預金に預けておく預金連動型の住宅ローンを利用してもおもしろいと思います。

 金利は差額の1400万円だけにかかり、節税の住宅取得控除は2800万円の1%で28万円税金を戻すことができます。

 現在28万円以上年間で税金を支払っていれば、検討してみる余地は大いにあると思いますが、いかがですか。

 ご興味があればご説明をいたしますので、ご一報ください。

 またのご相談やご感想、お待ちしております。ありがとうございました!
13:20:00 - nmura -
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ... || Next»


検索語句ランキング
  1. 睡眠預金 (510)
  2. 扶養範囲 (395)
  3. 個人年金 リスク (387)
  4. 人生にかかるお金 (375)
  5. 人生 費用 (343)
  6. 納税準備預金 メリット (310)
  7. 子供 育てる 費用 (234)
  8. エンゼル係数 (226)
  9. ニューナイスプラン (216)
  10. おねしょ妻 (176)