知らなかった、というだけで、私たちは随分とたくさんの無駄遣いをしています。
お金・生活に関わる話題を取り上げ、夫婦で明日はわが身と考えてみる・・。
独立系ファイナンシャルプランナー 『FP知恵の木』の伊藤さんご協力のもと、
プロのアドバイスも聞くことができます。

2010-02-19 不動産の贈与税に関するご相談

■【 不動産の贈与税に関するご相談 】

> お世話になります。
> 不動産の贈与税に関して教えてください。
>
> 現在住んでいる家(一戸建て)は
> 土地建物とも父親名義となっております。
> そのすべての名義変更を考えているのですが、
> 母へ贈与という形にした方がいいのか、
> 娘の私への贈与という形にした方がいいのか迷っています。
> (父62歳・母60歳・結婚役38年)
> 1番の希望としては、なるべく税金がかからない方法をとりたいです。
>
> どのような選択をするのが良いのか、教えていただけないでしょうか?
> また土地建物購入価格は、当時で8000万円程度でした。
> ローンはありません。
> この場合、まったく無知で申し訳ありませんが、
> 教えていただけると助かります。
> よろしくお願いいたします。


■【 CFP伊藤さんからのコメント 】

 こんにちは、『FP知恵の木』伊藤です。ご相談をお寄せいただきありがとうございます!

 まず、名義変更をしたい理由は何でしょうか。これによりまったく回答が変わってきてしまいます。

 こちらの想像で父の財産を生前に移したいということで回答してみます。

 まず父から母へ。夫婦の間で居住用の不動産を贈与したときの配偶者控除があります。

 婚姻期間が20年以上の夫婦の間で、居住用不動産又は居住用不動産を取得するための金銭の贈与が行われた場合の控除です。

 基礎控除110万円のほかに最高2,000万円まで控除(配偶者控除)できるという特例です。これを有効に活用しましょう。

 次に父から娘へ。相続時精算課税の選択があります。

 贈与者は65歳以上の親、受贈者は贈与者の推定相続人である20歳以上の子とされています(年齢は贈与の年の1月1日現在のもの)。あと3年待たなければなりませんね。

 贈与税はいくらほどかかってくるかは大変ですよ。1,000万円を超える贈与税はざっと50%です。普通このようなことは行いません。

 またのご相談やご感想、お待ちしております。ありがとうございました!

posted at 14:45:00 on 2010-02-19 by nmura - Category: 2, 相談コーナー

検索語句ランキング
  1. 睡眠預金 (510)
  2. 扶養範囲 (395)
  3. 個人年金 リスク (387)
  4. 人生にかかるお金 (375)
  5. 人生 費用 (343)
  6. 納税準備預金 メリット (310)
  7. 子供 育てる 費用 (234)
  8. エンゼル係数 (226)
  9. ニューナイスプラン (216)
  10. おねしょ妻 (176)