知らなかった、というだけで、私たちは随分とたくさんの無駄遣いをしています。
お金・生活に関わる話題を取り上げ、夫婦で明日はわが身と考えてみる・・。
独立系ファイナンシャルプランナー 『FP知恵の木』の伊藤さんご協力のもと、
プロのアドバイスも聞くことができます。

2010-02-05 がんになったらお金いくら必要?

■【 がんになったらお金いくら必要? 】

〇 国民の2人に1人は「がん」になるといわれる。実際にがんが見つかれば、手術や入院、その後の検診などと長期間にわたって多額の医療費がかかる場合が多い。

〇 がんの治療では、まず最初にどのくらいの費用を想定しておくべきか。部位によって治療費や治療期間は異なるが、治療に時間がかかる食道がんでは、手術した最初の月が80万〜100万円。肺がんでは3週間で50万円程度だ。

〇 公的保険が適用される医療には高額療養費制度で月8万100円の上限が定められており、後日、差額が返還される。このため実際の患者負担はもっと安くなる。

〇 長期間のがん治療では公的保険がきかない先進医療などを受ける場合があるほか、医療費以外の様々なコストもかかる。

 日経新聞 2010/1/31 - より抜粋


■【 明日はわが身と考えてみるぞ。 】

 がんとの闘いは医療費でも負担が大きいようです。公的保険の適用で、手術や入院など差額は後から返ってくるが、それでも負担は少なくない。それに、それ以外の諸費用もかかってくる。

 また例えば免疫療法など公的保険の適用外の診療となると全額自己負担となる。まだまだ先進医療で保険対象外のものはある。

 さらに収入が大幅に減少するリスクもある。がんが原因で仕事をなくし、お金が払えないとなることも想定できる。いざという時に備え、民間のがん保険への加入などを検討してみてもいいと思います。

 こまめな検診、いざという時の保険。こういう話しは後回しになりがちですが、ライフスタイルに合わせて一度検討してみてはいかがでしょうか。


■【 プロの視点。CFP伊藤誠さんからのメッセージ。 】

 がんで亡くなるかたはやはり多いですね。不幸にもがんになられた場合は、がん保険に入っていてよかったとなりますね。

 私のお客様にも何人かがんで亡くなるかたがいらっしゃいますが、お金はかなりかかるようです。注射一本何万とか何十万というお話も聞きました。

 私には高度先進医療というものがわかりませんが、治るのであれば良いですが、これを受けても治らなければ・・・と思ってしまいます。

 ちなみに私個人としてはがん保険に加入していません。医療保険に加入しています。

 勘違いしている方がいらっしゃるかもしれませんので、確認です。通常の医療保険(入院保険)に加入していてガンになっても、もちろん保険が支給されます。

 ですので私がクライアントにお話をするのは、がん保険に加入、または医療保険に加入、どちらにしますかとお話します。

 がん保険はがんしか出ません。医療保険はなんの病気・ケガでも出ます。どちらが良いかはお好みです。

posted at 14:40:00 on 2010-02-05 by nmura - Category: 1, お金のトピックス

検索語句ランキング
  1. 睡眠預金 (510)
  2. 扶養範囲 (395)
  3. 個人年金 リスク (387)
  4. 人生にかかるお金 (375)
  5. 人生 費用 (343)
  6. 納税準備預金 メリット (310)
  7. 子供 育てる 費用 (234)
  8. エンゼル係数 (226)
  9. ニューナイスプラン (216)
  10. おねしょ妻 (176)