知らなかった、というだけで、私たちは随分とたくさんの無駄遣いをしています。
お金・生活に関わる話題を取り上げ、夫婦で明日はわが身と考えてみる・・。
独立系ファイナンシャルプランナー 『FP知恵の木』の伊藤さんご協力のもと、
プロのアドバイスも聞くことができます。

2009-08-28 基礎年金の財源は?

■【 基礎年金の財源は? 】

〇 日本の公的年金は保険料を払うことで老後に年金が受け取れる社会保険方式をとっています。

〇 本来は必要な財源をすべて保険料で賄うのが筋といえますが、そうした場合、支払う保険料が高額となってしまいます。このために、財源の一部を税金で賄い、保険料をできるだけ抑えることにしてきました。

〇 従来、基礎年金財源の約3分の1は税金で賄われてきましたが、その比率を2分の1に上げることが決まりました。

〇 このように税金による補助があるので、国民年金は得だとも言われるわけです。ただし、2分の1に引き上げるための税金をどこから調達するのかがあいまいなままです。いずれは増税が避けられないとの見方が目立ちます。

 日経新聞 2009/8/16 - より抜粋


■【 明日はわが身と考えてみるぞ。 】

 歴史的な不況の中、国民年金の納付率が大きく下がってきていると聞きます。少子化の問題も先が明るい訳ではありませんし、社会保険はいつになったら安心した保障制度になるのでしょうか・・・。

 年金の財源を全額税収にするという案も前から出ていますね。国民年金、厚生年金の枠もやめて、まとめるという話しも聞きますね。

 老後に年金が受け取れる。ただこの一点を何の疑いもなく保障してくれれば、安心できるのになぁと思います。


■【 プロの視点。CFP伊藤誠さんからのメッセージ。 】

 個人的な見解ですが・・・老後に年金が受け取れる。日本はこの点を保障していると思います。

 逆を考えたらどうでしょう。年金は老後もらえない。こうなったら60歳以降の人たちはほとんど生活保護です。

 しかし、年金がでないのに生活保護の資金を出すことはありませんね。年金がでないのに道路は作りませんね。年金支給は国にとって優先順位1番の支払いだと思っています。

 注意をしてほしいのは、年金受給の権利をもっていない人たちが多数でてきています。25年以上の年金納付です。

 これにより生活保護者が毎年どんどん増えています。増え方が尋常ではありません。老後年金がもらえない人が生活をするには生活保護しかありませんが、あまりに人数が増えるため生活保護者の環境はますますきびしくなるはずです。

 九州では生活保護者の申請を受け付けない事態も既にでてきているようです。

posted at 13:16:00 on 2009-08-28 by nmura - Category: 1, お金のトピックス

検索語句ランキング
  1. 睡眠預金 (510)
  2. 扶養範囲 (395)
  3. 個人年金 リスク (387)
  4. 人生にかかるお金 (375)
  5. 人生 費用 (343)
  6. 納税準備預金 メリット (310)
  7. 子供 育てる 費用 (234)
  8. エンゼル係数 (226)
  9. ニューナイスプラン (216)
  10. おねしょ妻 (176)