知らなかった、というだけで、私たちは随分とたくさんの無駄遣いをしています。
お金・生活に関わる話題を取り上げ、夫婦で明日はわが身と考えてみる・・。
独立系ファイナンシャルプランナー 『FP知恵の木』の伊藤さんご協力のもと、
プロのアドバイスも聞くことができます。

2009-07-24 相続に関するご相談

■【 相続に関するご相談 】

> 父母が亡くなり、
> 土地(25坪、路線価500万円)と
> 現金(1.2千万)の相続を
> 子供3人(すべて他県在住)で協議しましたが
> 内容が正当なものというか実現性があるか教えてください。
>
> 場所は地方都市で県庁所在地駅の近くですが
> 区画整理から外れており、売却は難しいとのことです。
> 周囲に空き家が目立ちます。
> 家もかなり老朽化し、一軒家を他人と分割したものです。
>
> このため、家屋維持費・解体費用などの
> 不確定部分を排除するため、さら地にして
> 維持費を固定資産税のみとしてこれを20年分、
> 一人の土地の相続者に払い、
> 残りの現金を3分割しようというものです。
>
> この場合、相続の手続きは
> 家の解体終了後となるのでしょうか。


■【 CFP伊藤さんからのコメント 】

 こんにちは、『FP知恵の木』伊藤です。ご相談をお寄せいただきありがとうございます!

 相続の手続きとは何をさしているでしょうか?

 まず、父母が亡くなり、土地(25坪、路線価500万円)と現金(1.2千万)の相続を子供3人であれば、相続税の申告は基礎控除内ですので必要ありませんね。

 次に子供3人の土地(25坪、路線価500万円)と現金(1.2千万)の分け方ですね。お金は1/3づつ分ければ問題ありませんね。

 土地については、いろいろな方法があります。

 さら地にして維持費を固定資産税のみとしてこれを20年分、一人の土地の相続者に払う。これでも良いと思いますが、あまり一般的ではありませんね。

 その土地を3人が必要としていないのであれば、建物を壊さず3人の共有にして売りに出して、売れたら3人で分けるという方法もあります。

 また、1人が土地を単独引き継ぐ(家を解体)残りの2人に土地代の1/3に該当する金額を土地を単独引き継ぐ者が2人にお金で支払う、という方法もあります。

 上記2つが一般的だと思います。よろしければお手伝いをさせていただきます。

 またのご相談やご感想、お待ちしております。ありがとうございました!


posted at 12:13:00 on 2009-07-24 by nmura - Category: 2, 相談コーナー

検索語句ランキング
  1. 睡眠預金 (510)
  2. 扶養範囲 (395)
  3. 個人年金 リスク (387)
  4. 人生にかかるお金 (375)
  5. 人生 費用 (343)
  6. 納税準備預金 メリット (310)
  7. 子供 育てる 費用 (234)
  8. エンゼル係数 (226)
  9. ニューナイスプラン (216)
  10. おねしょ妻 (176)