知らなかった、というだけで、私たちは随分とたくさんの無駄遣いをしています。
お金・生活に関わる話題を取り上げ、夫婦で明日はわが身と考えてみる・・。
独立系ファイナンシャルプランナー 『FP知恵の木』の伊藤さんご協力のもと、
プロのアドバイスも聞くことができます。

2009-07-10 マンション購入 新築 or 中古?

■【 マンション購入 新築 or 中古? 】

〇 新築・中古を問わずマンションの価格は下がっていますが、中でも中古がお得です。

〇 新築は売れ残りが増え、新規物件の供給数は減っているため、購入者の選択の幅は狭くなっています。また、業者はすでに高値で土地などを仕入れているうえ、定価で物件を購入した客もいるため表だって値下げもしにくいのです。

〇 一方、中古は景気動向にかかわらず一定の供給量があります。特に住む場所にこだわる人には中古がおすすめです。中古は転勤などの事情で売り急いでいる物件もあるので、値下げ交渉もしやすいです。

〇 中古が、立地などの条件がほぼ同じ新築に比べて、15%以上安ければ、リフォーム費用などの諸経費を勘案しても中古の方がお得でしょう。

 読売新聞 2009/6/30 - より抜粋


■【 明日はわが身と考えてみるぞ。 】

 マンションだけではなく戸建ても安くなっていますね。路線価も下落しているので、まだ下がりそうな感じですね。

 住宅を購入する際の選択肢として、中古物件も確かにアリだと思います。特に立地条件が良い物件などは、新築よりもお得感があると思いますし。

 最近では、一戸建てを借りて住むのも人気だそうです。運がよければ、新築の一戸建てだって借りることが可能なんだそうです。

 様々な不動産サービスの中から、自分のライフスタイルと資金計画にあった住まいを選びたいですね。


■【 プロの視点。CFP伊藤誠さんからのメッセージ。 】

 住宅購入関連の最近の事情は次のとおりです。

 ・住宅購入を検討している人が増えている(FP知恵の木への相談が多い)
 ・住宅ローン破産者が増えている(過去に住宅ローンを組んで給与減額やリストラなどで)
 ・建築会社、新規物件の供給激減(在庫処理で精一杯、水面下での値引き)
 ・長期金利が急下降
 ・最大の住宅ローン減税

 新築と中古の物件では、一長一短がありますね。

 新築は住んだら中古ですのですぐ20%ぐらい値段が下がります。中古は市場価格なので値段の下がるスピードはとても緩やかです。

 ライフプランにあわせて中古と新築どちらが自分に合っているかはそれぞれの事情により異なります。中立的な立場で話を聞くと自分はどちらが良いかとても参考になりますよ。

 とにかく今は住宅購入を真剣に考えて良い環境が整っています。


posted at 10:38:20 on 2009-07-10 by nmura - Category: 1, お金のトピックス

検索語句ランキング
  1. 睡眠預金 (510)
  2. 扶養範囲 (395)
  3. 個人年金 リスク (387)
  4. 人生にかかるお金 (375)
  5. 人生 費用 (343)
  6. 納税準備預金 メリット (310)
  7. 子供 育てる 費用 (234)
  8. エンゼル係数 (226)
  9. ニューナイスプラン (216)
  10. おねしょ妻 (176)