知らなかった、というだけで、私たちは随分とたくさんの無駄遣いをしています。
お金・生活に関わる話題を取り上げ、夫婦で明日はわが身と考えてみる・・。
独立系ファイナンシャルプランナー 『FP知恵の木』の伊藤さんご協力のもと、
プロのアドバイスも聞くことができます。

2009-06-05 この1年 小遣いどうなった?

■【 この1年 小遣いどうなった? 】

〇 景気の悪化に伴い給与やボーナスにもマイナスの影響が及んでいる。所得の減少により小遣いも減っているのだろうか。

〇 成人男女にこの一年の小遣い額の変化を聞いたところ、減ったと答えた人は31%だった。

〇 一年前との比較で小遣いの減少幅を尋ねると、2割以上3割未満が36%で最多。5割以上という人も12%いた。

〇 自由に使えるお金が減ることで「朝晩は自炊し、昼もお弁当を持参する」など、様々なやり方で支出を削ろうと努める人たちが増えているようだ。

 日経新聞 2009/5/30 - より抜粋


■【 明日はわが身と考えてみるぞ。 】

 つい先日も1世帯あたりの平均所得が前年に比べ10万円少ない、という記事がありましたが、自由に使えるお小遣いも減るのは当然でしょうね。

 調査では、小遣い額を維持、増やすために減らした支出は?という項目もありました。光熱費に続いて多かったのは、保険の見直し・解約です。

 節約によってストレスがたまると気持ち的に辛いですし、反動で使いすぎてしまうこともあります。保険の見直しなどはまさに、無駄な支出を減らして上手く見直しができるところですね。

 FP伊藤さんのところでも、保険の見直しサービスをやっています。サービスそのものは決して安いものではありませんが、それ以上の節約効果が見込め、十分に家計の無駄が省けますよ。

 FP知恵の木『保険見直し提案書』
 → http://www.chienoki.com/advice_insurance.html


■【 プロの視点。CFP伊藤誠さんからのメッセージ。 】

 先日タクシーに乗って運転手さんに最近の乗車状況を聞いたところ、売上で20%少なくなっているそうです。こういう話は統計数値よりも生の声で実感がわきました。最近は飲み屋で飲んでも、みな終電に間に合うように帰宅しているそうです。

 節約でストレスが溜まるとなんのための人生だかわかりません。ストレスの溜まらない節約がいいですね。

 そこで、
 ・飲み屋で飲んでも、終電に間に合うように帰宅
 ・住宅ローンの見直し・借り換え
 ・生命保険見直し
 ・昼食お弁当作って持参
 ・たばこを止める
 ・テレビを捨てる(最近の若者はテレビなしが結構いるそうです)
 ・携帯電話の契約見直し

 結構やってみるとまったく不便やストレスの感じないものもありますよ。

 話はそれまずが日本も失業率がとうとう5%です。ヨーロッパや米国は失業率9%を超え10%になることは時間。働ける・仕事がある・給与がもらえることを感謝しなくては・・・と思います。


posted at 02:48:00 on 2009-06-05 by nmura - Category: 1, お金のトピックス

検索語句ランキング
  1. 睡眠預金 (510)
  2. 扶養範囲 (395)
  3. 個人年金 リスク (387)
  4. 人生にかかるお金 (375)
  5. 人生 費用 (343)
  6. 納税準備預金 メリット (310)
  7. 子供 育てる 費用 (234)
  8. エンゼル係数 (226)
  9. ニューナイスプラン (216)
  10. おねしょ妻 (176)