知らなかった、というだけで、私たちは随分とたくさんの無駄遣いをしています。
お金・生活に関わる話題を取り上げ、夫婦で明日はわが身と考えてみる・・。
独立系ファイナンシャルプランナー 『FP知恵の木』の伊藤さんご協力のもと、
プロのアドバイスも聞くことができます。

2009-04-24 カーシェアリング賢く利用

■【 カーシェアリング賢く利用 】

〇 厳しい不況の中、マイカー族にはガソリン代に加え、自動車税や保険料、駐車場代、車検代などの負担が重くのしかかる。そんな人の注目を集めているのが、一台の車を複数の会員で共同利用する「カーシェアリング」。

〇 当初は事業を手掛ける企業が少なく、一般のなじみも薄かったが、08年の急激なガソリン高がきっかけとなり、企業の新規参入や拠点の拡充が進んで使い勝手がよくなってきた。

〇 料金は月額基本料金と実際に使った時間と距離に応じた利用料金が毎月請求される。料金にはガソリン代や駐車場代、任意保険料などすべて含まれる。

〇 週末の買い物や子供の送迎など、一回当たりの利用時間が短い人におすすめ。

 日経新聞 2009/4/18 - より抜粋


■【 明日はわが身と考えてみるぞ。 】

 最近よくテレビのニュースなどでもカーシェアリングの話題を聞くようになりましたね。マイカーの負担を軽減できる方法として今すごく注目されているようです。

 実際に使った時間と距離で課金されるので、週末だけ乗りたい人など、ちょっとした時に車が必要な人にはもってこいのサービスですね。週末に遠出するなどで6時間を越す場合には、レンタカーの方が割安のようです。

 利用例として、1回2時間を月に4回程度であれば、1万円前後で利用できるようです。

 カーシェアリングを検討する際には、自分の生活スタイルにマッチしているかどうかを考えてみるのが大事。設置拠点がどこにあるか、自分に利点があるかどうかなど検討してみましょう。


■【 プロの視点。CFP伊藤誠さんからのメッセージ。 】

 地方の方は車が足がわりなので、これは使えないと思いますが、都市圏の人たちは検討の余地ありですね。

 未来設計書(将来のライフプラン)を作成していて良く感じるのは、生涯の支出の中で、住宅ローンと子供の教育費(成人までの生活費)は当然1500万円以上の生涯支出になりますので、出産をとるか高額住宅をとるかは究極の選択になります。

 実は次に生涯支出として大きいのは車の買い替え・維持費です。これも生涯の支出で考えると1000万円は簡単に超えますよ。

 たまに都心に住んでいて、車は持たないと言う方の未来設計書(将来のライフプラン)を作成しますが、かなり生活費が楽であることがわかります。

 都心に住んでいて、週末しか車を乗れない人はカーシェアリングやレンタカーは検討の余地十分です。


posted at 11:08:00 on 2009-04-24 by nmura - Category: 1, お金のトピックス

検索語句ランキング
  1. 睡眠預金 (510)
  2. 扶養範囲 (395)
  3. 個人年金 リスク (387)
  4. 人生にかかるお金 (375)
  5. 人生 費用 (343)
  6. 納税準備預金 メリット (310)
  7. 子供 育てる 費用 (234)
  8. エンゼル係数 (226)
  9. ニューナイスプラン (216)
  10. おねしょ妻 (176)