知らなかった、というだけで、私たちは随分とたくさんの無駄遣いをしています。
お金・生活に関わる話題を取り上げ、夫婦で明日はわが身と考えてみる・・。
独立系ファイナンシャルプランナー 『FP知恵の木』の伊藤さんご協力のもと、
プロのアドバイスも聞くことができます。

2009-04-10 新年度 減税、値下げ 家計に朗報?

■【 新年度 減税、値下げ 家計に朗報? 】

〇 4月から暮らしに関する制度変更や料金改定が相次ぐ。ハイブリッド車など環境に優しい「次世代車」の自動車取得税と自動車重量税が減免されるほか、原油価格の下落に伴い、航空会社は国際線の燃油特別付加運賃(サーチャージ)を大幅に引き下げる。

〇 2月まで7カ月連続で前年割れが続いている国内新車販売。低迷する新車需要に追い風になりそうなのが、「エコカー減税」だ。一定の排ガス基準を満たした低公害車の取得税と重量税を減免するもので、ハイブリッド車を購入する場合、10万円以上費用が少なくて済む。

〇 電気、ガスの新料金制度も始まる。これまでは原油価格など燃原料費の変動に応じて3カ月ごとに料金を見直していたのを、毎月見直す形に改める。新制度の料金は5月から適用される。

〇 厳しい雇用環境を受けて、非正規労働者の支援強化を目指す改正雇用保険法が3月31日から施行される。失業給付を受けるには、これまで1年以上保険に加入していなければならなかったが、6カ月以上に緩和される。

 産経新聞 2009/3/31 - より抜粋


■【 明日はわが身と考えてみるぞ。 】

 4月から暮らしに関わる様々なことが変わったりします。制度の変更や、値下げなど、朗報なことも多いのでぜひチェックしておきたいですね。

 制度変更では、雇用保険法の改正、ねんきん定期便の発送、低公害車の購入優遇制度の実施など。特にエコカー減税は、自動車取得税や自動車重量税が免税・減税され、かなりお得な内容になっています。

 料金改定では、電気料金制度の見直し、燃油サーチャージの値下げ、小麦価格の引き下げなど。大型連休を前に、燃油サーチャージ値下げは大きいですし、小麦の値下げは食費に大きく響いてきますしね。

 省エネ家電の購入補助制度なども今後検討されているようです。新しい制度などもしっかり把握し、賢く節約したいですね。


■【 プロの視点。CFP伊藤誠さんからのメッセージ。 】

 定額給付金の封筒届きましたか?私のところへは本日届きました。銀行振り込みでした。

 口座のない人は現金支給とのことですが、その場合再度手紙をもらうそうです。いったいこの給付にいくらのお金をかけるのでしょう。無駄遣いですね。

 さて毎年4/1は税金等いろいろな改定が行われます。今年は特に、消費者に有利な制度が目白押しなので、絶対要チェックです。

 住宅の購入も今年・来年がビックチャンスですが、車の買い替えもチャンスですね。

 旅行も超円高ですので、海外旅行はチャンスです。韓国など激安で滞在できますし、買い物も日本人にとっては円高のため超激安です。先日電車の中で、女性2人が韓国旅行でおもいきり食って飲んでも1000円かからないと話していました。

 金融危機で大ピンチですが、逆に今だから大チャンスもいろいろあります。100年に1度のできごとなので、これをビックチャンスにできるか、できないか。ここは知恵の出しどころです。


posted at 11:03:00 on 2009-04-10 by nmura - Category: 1, お金のトピックス

検索語句ランキング
  1. 睡眠預金 (510)
  2. 扶養範囲 (395)
  3. 個人年金 リスク (387)
  4. 人生にかかるお金 (375)
  5. 人生 費用 (343)
  6. 納税準備預金 メリット (310)
  7. 子供 育てる 費用 (234)
  8. エンゼル係数 (226)
  9. ニューナイスプラン (216)
  10. おねしょ妻 (176)