知らなかった、というだけで、私たちは随分とたくさんの無駄遣いをしています。
お金・生活に関わる話題を取り上げ、夫婦で明日はわが身と考えてみる・・。
独立系ファイナンシャルプランナー 『FP知恵の木』の伊藤さんご協力のもと、
プロのアドバイスも聞くことができます。

2009-03-13 医療保険に関するご相談

■【 医療保険に関するご相談 】

> いつも新しい発見をしながら楽しみに読ませて
> いただいております。
> 今回は、医療保険について見直しを検討しており、
> アドバイスをお願いしたいと思いメールしました。
>
> 現在、アクサ生命にて保険期間20年 医療保険
> (無配当120日型)に加入しており、あと12年で満期
> を迎えます。
>
> 内容は、
> 死亡保険金
> 災害入院(5日以上の入院日数)
> 疾病入院(8日以上の入院日数)
> 退院給付金(20日以上入院後の生存退院)
> 手術給付(手術種類により10〜40倍)
>
> アクサ生命の営業さんから、疾病入院1日〜OK、
> 保険期間を終身にした方が良いとアドバイスを受けました。
> そこで見直しによって保険期間を終身に切り替え、
> 払い込みを60歳完了にしようかと考えています。
> (定年退職まで働くつもりの為 あと22年です)
>
> ただ、今後の医療の進歩に伴い、入院だけの今の
> 保険とは別に、新しいメニューも出てくる事が予想され
> るとも聞きます。(例:在宅医療に対する保険等)
> 終身払いにして、今後のメニューをチェックしながらの方が
> 賢いでしょうか?
>
> 多くの情報がある中で混乱しております。
> 宜しくお願い致します。


■【 CFP伊藤さんからのコメント 】

 ポイントを書いてみます。

 ・疾病入院1日〜OK

 入院しても診断書をもらうだけで、約5000円かかります。1日の入院ではもらう額と支払う額でチャラです。

 入院保険に入る目的を考えましょう。あくまでも長期入院に対するリスクヘッジなのであれば、疾病入院1日〜OKに意味があるか・ないか。

 ・あと12年で満期(8年前の年齢保険料なので安い)

 この後、医療保険に入る必要があるか・ないかを考えましょう。

 もしこの時点で預金が大きく貯まっているのであれば、入院=自腹でもOKです。逆に長生きで、老後お金の余裕がなければ、今から保険期間を終身に変えることは意味があります。

 現在の年齢と老後の資金についての情報がわからないので何とも言えませんが、結論は老後の資金余裕があれば、このまま今の保険を継続(安いはず)してその後は自腹で・・・。

 老後の資金余裕がなければ、リスク回避のため保険期間を終身にした方が良いと私も思います。ただし他社とも比較してみましょう。


posted at 19:44:00 on 2009-03-13 by nmura - Category: 2, 相談コーナー

検索語句ランキング
  1. 睡眠預金 (510)
  2. 扶養範囲 (395)
  3. 個人年金 リスク (387)
  4. 人生にかかるお金 (375)
  5. 人生 費用 (343)
  6. 納税準備預金 メリット (310)
  7. 子供 育てる 費用 (234)
  8. エンゼル係数 (226)
  9. ニューナイスプラン (216)
  10. おねしょ妻 (176)