知らなかった、というだけで、私たちは随分とたくさんの無駄遣いをしています。
お金・生活に関わる話題を取り上げ、夫婦で明日はわが身と考えてみる・・。
独立系ファイナンシャルプランナー 『FP知恵の木』の伊藤さんご協力のもと、
プロのアドバイスも聞くことができます。

2008-11-21 住宅ローンに関するご相談

■【 住宅ローンに関するご相談 】

> 現在、一戸建てに住んでおり、
> 新たに新築物件購入を考えています。
> 現在の住宅ローンは残高2000万円、
> 残り年数19年、変動金利型です。
> 現在の家を売り新たに新築物件を購入した場合、
> 売却金額1300・1500万、新築物件金額3600万、
> 合計4100・4300万円のローンになります。
>
> また、現在の家をまだ売らずに賃貸にして、
> これから先のいい時期に売りに出す・・・
> というやり方をした場合、
> 現在の住宅ローン残高2000万円+新築物件金額3600万円で
> 合計5600万円のローンになります。
> 毎月の支払額は増えますが、
> 家賃収入もありなんとかいけるかもと・・・。
>
> 主人38歳 年収880万
> 家族構成 主人38歳 私37歳(専業主婦)
> 子供2人(8歳、5歳)
>
> です。
> 不動産の方は、あなたの年収ならこれくらいの金額は
> いけるはずですとおっしゃるのですが、私は不安です。
> どうかよいアドバイスをお願いいたします。


■【 CFP伊藤さんからのコメント 】

 主人38歳、年収880万。家族構成は主人38歳、私37歳(専業主婦)、子供2人(8歳、5歳)で、これから4300万円のローンですか・・・。

 25年返済(夫63歳)で毎月のローン支払いが20万円を越えますよ。しかも子供2人でこれから教育費が絶好調になる時期。多分お子さんがこの年齢だと教育費の恐ろしさがまだ実感されていないのだと思います。

 正直言ってこの買い物をすると危険を越えて、無理に近い計画です。妻が最低年収300万円を子供教育費終了まで確保することが、FPとしてアドバイスします。

 “不動産の方は、あなたの年収ならこれくらいの金額はいけるはずです”。これは正直大嘘です。また、賃貸の話も論外です。

 FP知恵の木の住宅購入適正価格診断を利用して、確かめてみてください。

 ぴったりマイホームプラン
 → http://www.chienoki.com/advice_mayhomeprice.html


posted at 19:16:00 on 2008-11-21 by nmura - Category: 2, 相談コーナー

検索語句ランキング
  1. 睡眠預金 (510)
  2. 扶養範囲 (395)
  3. 個人年金 リスク (387)
  4. 人生にかかるお金 (375)
  5. 人生 費用 (343)
  6. 納税準備預金 メリット (310)
  7. 子供 育てる 費用 (234)
  8. エンゼル係数 (226)
  9. ニューナイスプラン (216)
  10. おねしょ妻 (176)