知らなかった、というだけで、私たちは随分とたくさんの無駄遣いをしています。
お金・生活に関わる話題を取り上げ、夫婦で明日はわが身と考えてみる・・。
独立系ファイナンシャルプランナー 『FP知恵の木』の伊藤さんご協力のもと、
プロのアドバイスも聞くことができます。

2008-11-14 住宅ローン減税に関するご相談

■【 住宅ローン減税に関するご相談 】

> こんにちは。
> いつも楽しく読ませていただいております。
> 住宅ローン減税について教えてください。
>
> 今年、平成20年3月に新築マンションを購入しました。
> 借り入れは、総額3300万円で、
> 夫6:妻4の割合での登記になっております。
>
> 確定申告用に、金融機関より「年末残高等証明書」が
> 送られてきましたが、
> 夫分、妻分ともに、
> 年末残高が(約)3250万円と記載されており、
> 摘要欄に、連帯債務者として
> お互いの名前が記載されているのみです。
>
> 当初の心づもりとしては、
> 年末残高(約)3250万円を、夫6:妻4に分割した金額が、
> それぞれの年末残高になるのだと思っていたのですが、
> この証明書を見る限りでは、
> 夫、妻とも、年末残高(約)3250万円として
> 計算できるということでよろしいのでしょうか。
>
> どうぞよろしくお願いいたします。


■【 CFP伊藤さんからのコメント 】

 夫、妻とも、年末残高が約3250万円として計算できるというのは違いますね。

 年末残高である3250万円を、夫6:妻4に分割した金額が、それぞれの年末残高になるはずです。

 問題は誰がいくら借りたのでしょうか?

 夫名義で総額3300万円を借りたのであれば、夫6:妻4の割合での登記がまちがいです。夫6:妻4の割合でそれぞれ借りたのであれば、金融機関の残高証明がおかしいですね。


posted at 19:13:00 on 2008-11-14 by nmura - Category: 2, 相談コーナー

検索語句ランキング
  1. 睡眠預金 (510)
  2. 扶養範囲 (395)
  3. 個人年金 リスク (387)
  4. 人生にかかるお金 (375)
  5. 人生 費用 (343)
  6. 納税準備預金 メリット (310)
  7. 子供 育てる 費用 (234)
  8. エンゼル係数 (226)
  9. ニューナイスプラン (216)
  10. おねしょ妻 (176)