知らなかった、というだけで、私たちは随分とたくさんの無駄遣いをしています。
お金・生活に関わる話題を取り上げ、夫婦で明日はわが身と考えてみる・・。
独立系ファイナンシャルプランナー 『FP知恵の木』の伊藤さんご協力のもと、
プロのアドバイスも聞くことができます。

2008-11-07 個人賠償責任保険とは何?

■【 個人賠償責任保険とは何? 】

〇 私たちは日々の生活で思わぬ損害賠償責任を負うリスクを抱えている。そんな危険に備えるのが「個人賠償責任保険」だ。

〇 意外に知られていないが、年間千−2千円程度を払えば、1億円くらいまでの補償を受けられる。

〇 個人賠償責任保険のカバー対象は、日常生活で起きた偶発的な事故で他人を死傷させたり、他人の所有物に損害を与えたりして、法律上の損害賠償責任を負った場合だ。

 日経新聞 2008/11/2 - より抜粋


■【 明日はわが身と考えてみるぞ。 】

 そう身近ではない保険ですが、補償される内容はとても身近なので驚いてしまいます。例えば、買い物中に店内の陳列商品を落とし破損させた、子供が他人の車にキズを付けた、ペットの犬が他人に噛み付いてケガを負わせたなど。

 この個人賠償責任保険ですが、自動車保険や火災保険、クレジットカードの特約になっていることもあるので注意して確認したいですね。

 個人賠償責任保険の効用として意外と重要なのが、火事延焼で賠償責任を負った際も、補償を受けられることです。日本では延焼に対する賠償責任を負わなくていい原則がありますが、火事の原因が重大な過失だと賠償責任を負う必要があります。

 天ぷら油を入れた鍋を火にかけたまま台所を離れ出火した、寝タバコによって出火した、などの場合、重大な過失に該当します。個人賠償責任保険に入っておく方が安心かもしれませんね・・。


■【 プロの視点。CFP伊藤誠さんからのメッセージ。 】

 そうなんです。意外に知られていない「個人賠償責任保険」、年間千−2千円程度と激安なわりに保障内容は充実しています。

 ただ、自分がこの保険に知らず知らず加入しているのに気がついていない人がほとんどで、さらに加入していても加入していることを忘れたり、このアクシデントが保険されていることを気がつかないのがほとんどなのではないでしょうか。

 よって、保険会社にも請求せず、保険料が激安なのではないかと想像しています。

 マンションに住んでいる方は多いと思います。マンション管理組合で火災保険は当然加入されていると思いますが、保険料が激安のためオマケで「個人賠償責任保険」に知らず知らず加入されていると思いますよ。

 よければ、一度マンション管理会社に問い合わせしてみてはどうでしょうか。


posted at 19:11:00 on 2008-11-07 by nmura - Category: 1, お金のトピックス

検索語句ランキング
  1. 睡眠預金 (510)
  2. 扶養範囲 (395)
  3. 個人年金 リスク (387)
  4. 人生にかかるお金 (375)
  5. 人生 費用 (343)
  6. 納税準備預金 メリット (310)
  7. 子供 育てる 費用 (234)
  8. エンゼル係数 (226)
  9. ニューナイスプラン (216)
  10. おねしょ妻 (176)