知らなかった、というだけで、私たちは随分とたくさんの無駄遣いをしています。
お金・生活に関わる話題を取り上げ、夫婦で明日はわが身と考えてみる・・。
独立系ファイナンシャルプランナー 『FP知恵の木』の伊藤さんご協力のもと、
プロのアドバイスも聞くことができます。

2008-10-17 住宅購入に関するご相談

■【 住宅購入に関するご相談 】

> こんにちは。
> いつも楽しくメルマガを拝見し、勉強させていただいております。
>
> このたび家を建てることになり、土地を購入しました。
> 次は建物ですが、いくらまでかけられるのかわからずに悩んでいます。
> 将来どれくらい残るようにしたら良いのでしょうか?
>
> 夫39歳会社員、妻39歳専業主婦、娘8歳。
> 年収600万円。貯蓄2000万円。
> 定年60歳だが延長の動きあり。退職金はあてにしない。
> 夫の保険は定期のみ。
>
> 現在、家賃と貯蓄の合計が年平均200万円程度です。
> 自己資金1300万、ローン1500万とすれば、
> 車買替えや教育費を考慮しても
> 60歳で2000万円残せるかと計算しましたが、
> これでは足りないでしょうか。
> それとも、もう少し住宅にかけられるでしょうか。
>
> ハウスメーカーの人は大丈夫と笑いますが、
> 私はとても心配で決心がつきません。
> ただ、住宅取得のために貯金してきたのだから、
> できれば妥協したくなく、先へ進めないのです。
>
> お忙しいところ申し訳ありませんが、
> よろしければお考えをお聞かせください。


■【 CFP伊藤さんからのコメント 】

 いただいた条件ですと、毎月の返済は85,000円前後ですね。

 まず、60歳で2,000万円は残せそうですね。理由は娘22歳の時、夫53歳なので、この後貯蓄が急激にたまるはずと予想しました。今回のケースは子供が1人であることと、夫30歳の子であることが大きなポイントです。

 次に60歳で2,000万円残せたと仮定した場合、もし夫にその後収入がないとすると、年間400万円使うと65歳には貯蓄が0になってしまいます。よって65歳時に最低2,000万円の貯蓄が必要と考えてください。

 FP知恵の木では、マイホーム購入計画書『ぴったりマイホームプラン』というサービスを行っています。
→ http://www.chienoki.com/advice_mayhomeprice.html

 簡単に言うと住宅購入にいくらまでかけられるかを逆算するサービスです。費用以上の元は取れますので、是非ご活用ください。


posted at 19:04:00 on 2008-10-17 by nmura - Category: 2, 相談コーナー

検索語句ランキング
  1. 睡眠預金 (510)
  2. 扶養範囲 (395)
  3. 個人年金 リスク (387)
  4. 人生にかかるお金 (375)
  5. 人生 費用 (343)
  6. 納税準備預金 メリット (310)
  7. 子供 育てる 費用 (234)
  8. エンゼル係数 (226)
  9. ニューナイスプラン (216)
  10. おねしょ妻 (176)