知らなかった、というだけで、私たちは随分とたくさんの無駄遣いをしています。
お金・生活に関わる話題を取り上げ、夫婦で明日はわが身と考えてみる・・。
独立系ファイナンシャルプランナー 『FP知恵の木』の伊藤さんご協力のもと、
プロのアドバイスも聞くことができます。

2008-06-13 生命保険に関するご相談

■【 生命保険に関するご相談 】

> こんにちは。
> いつもメルマガを拝読して、勉強させてもらっています。
> 今日は、保険のことで相談があってメールいたしました。
> アドバイスいただければ、幸いです。
>
> 結婚を機に、保険の見直しを考えています。
> 主人は58歳、わたしが35歳、
> 子供は授かれるものならば、数年以内にと考えています。
>
> 主人は生命保険で、
> 死亡・高度障害で2000万(内1800万は60歳満期、200万は終身)、
> 80歳満期の、ケガと病気の入院特約(日額5千円)をつけて、
> 月々13,000円ほどの保険料を支払っています。
>
> また、それ以外に別の保険会社で、終身の三大疾病保険
> (三大疾病で500万、死亡で500万、高度障害で500万)を
> 月々21,000円ほどの掛け金で支払っています。
>
> わたしは生命保険には入っておらず、
> 医療保険で日額1万円の入院保障(終身)と、ガン保険で、
> 月額7000円ほどの掛け金を支払っています。
>
> 今後、主人の定年(60歳)、
> 主人の生命保険の契約更改
> (今後、同条件での契約を望むなら、値段が上がります)
> を間近にして、現在支払っている保険料では負担が大きいです。
>
> 今、考えているのは、
> 1.主人の生命保険は60歳で満期解約し、
>   死亡時の保険金200万を受け取るのみにする。(更新しない)
> 2.主人の三大疾病保険の保障額を200万程度に引き下げる
>   (月々の掛け金は1万円弱)
> 3.主人のみ、新たに日額5千円程度の医療保険に加入する。
>   (月々の掛け金3千円ほど)
> 4.わたしの医療保険・ガン保険は継続
> 5.子どもが生まれた場合、わたしが生命保険に加入する。
>
> 我が家の場合、一般的な同年代夫婦のライフスタイルモデルが
> 参考にできない部分も多く、
> 保険の見直しでも、どんな点に留意していけばよいのか、
> わからずにいます。
> 何かアドバイスいただければ、幸いです。


■【 CFP伊藤さんからのコメント 】

 主人は58歳、この年齢ですと定期保険(掛け捨て)はおすすめできません。

 1)夫の生命保険は60歳で満期解約し、死亡時の保険金200万を受け取るのみにする、更新しないでよいでしょう。

 2)これは貯蓄と考え月々21,000円で継続でも良いと思います。2つで700万円の終身保険を確保されてはどうでしょう。

 3)年齢的に3千円では終身の医療保険へは入れません。個人的にはもう未加入がおすすめです。

 4)妻の医療保険・ガン保険は継続でよいでしょう。

 5)子どもが生まれた場合、妻が生命保険に加入するもよいでしょう。子どもが生まれた場合20歳で夫80歳です。ガンバッテください。


posted at 15:02:00 on 2008-06-13 by nmura - Category: 2, 相談コーナー

検索語句ランキング
  1. 睡眠預金 (510)
  2. 扶養範囲 (395)
  3. 個人年金 リスク (387)
  4. 人生にかかるお金 (375)
  5. 人生 費用 (343)
  6. 納税準備預金 メリット (310)
  7. 子供 育てる 費用 (234)
  8. エンゼル係数 (226)
  9. ニューナイスプラン (216)
  10. おねしょ妻 (176)