知らなかった、というだけで、私たちは随分とたくさんの無駄遣いをしています。
お金・生活に関わる話題を取り上げ、夫婦で明日はわが身と考えてみる・・。
独立系ファイナンシャルプランナー 『FP知恵の木』の伊藤さんご協力のもと、
プロのアドバイスも聞くことができます。

2008-04-04 わかりにくい「ねんきん特別便」

■【 わかりにくい「ねんきん特別便」 】

〇 個人に年金記録を郵送し、誤りや記録漏れがないかの確認を求める「ねんきん特別便」。2007年12月に送付が始まり3ヶ月がたつが、受け取った人からは「わかりにくい」との声が絶えない。

〇 特別便を受け取った人のうち「ぱっと見て内容を理解できた」のは2割にとどまり「よく読んで理解できた」人が3割。残り5割は「わからなかった」と回答した。

〇 ねんきん特別便は、社会保険庁が受給者や加入者に年金記録を送り、年金保険料を納めたはずなのに抜けている部分がないか、確認するために始まった。10月までに全員に送る予定。

〇 結婚して姓が変わる前に働いていた人や、転職経験の多い人は記録漏れになりやすく、特に注意が必要だ。

 日経新聞 2008/3/30 - より抜粋


■【 明日はわが身と考えてみるぞ。 】

 ねんきん特別便は全員に送られるので、届いた時点で正確に内容を理解し、記録をしっかりチェックしたいですね。特別便には漏れている記録について具体的な記載はないので・・。

 自分がどんな会社や組織に勤めたかを確認しましょう。パートやアルバイト、季節労働などで働いた場合も厚生年金に加入していた可能性があります。

 なかには制度を理解していないと、見つけられない記録漏れもあるそうです。迷ったら社会保険事務所、専門家に相談しましょう。


■【 プロの視点。CFP伊藤誠さんからのメッセージ。 】

 前に私の母へ「ねんきん特別便」が来たことを取り上げました。わかりにくい、というかFPの私でもなぜ送られて来たのか理由がわからなかった始末。枡添厚生大臣は意外と良いかもしれないと思いましたが、お役所仕事ですね。

 失礼ですが、あの手紙をお年寄りが読んで「よく読んで理解できた」という人は、かなりしっかりしたお年寄りです。

 10月までに全員に送る予定、とありますが、受給者や加入者ということは、私たちのところへも来るんですよね。それこそ社会保険庁はパニックになるのではないでしょうか。大丈夫なのでしょうか。

 ただ、ほんとうに社会保険庁が受給者や加入者に年金記録を送り、年金保険料を納めたはずなのに抜けている部分がないか、確認するために10月までに全員に送るのであれば、これは大した進歩です。(当たり前のことを、やっとやってくれた)

 ところで、ガソリン値下がりしましたね。今日127円で満タン給油しました。暫定税率にみなさんどう思いますか。

 これも、当たり前のことがやっとかなうかもしれません。私の意見はガソリンに税金を掛けるのは賛成ですが、なぜ何十年も一律25円だったのでしょうか。決まった税率ではなく他の税金と同じように毎年見直しをすべきです。必要な道路分だけの税率を掛ければ良いのではないでしょうか。


posted at 14:37:00 on 2008-04-04 by nmura - Category: 1, お金のトピックス

検索語句ランキング
  1. 睡眠預金 (510)
  2. 扶養範囲 (395)
  3. 個人年金 リスク (387)
  4. 人生にかかるお金 (375)
  5. 人生 費用 (343)
  6. 納税準備預金 メリット (310)
  7. 子供 育てる 費用 (234)
  8. エンゼル係数 (226)
  9. ニューナイスプラン (216)
  10. おねしょ妻 (176)