知らなかった、というだけで、私たちは随分とたくさんの無駄遣いをしています。
お金・生活に関わる話題を取り上げ、夫婦で明日はわが身と考えてみる・・。
独立系ファイナンシャルプランナー 『FP知恵の木』の伊藤さんご協力のもと、
プロのアドバイスも聞くことができます。

2008-03-28 在庫調整でマンション値崩れ?

■【 在庫調整でマンション値崩れ? 】

〇 24日発表された公示地価で、大都市圏住宅地の地価上昇が顕著に示された。地価と建築資材の高騰で、新築マンションも5年連続平均価格が上昇を続けた。だが最近、郊外を中心に、当初の販売価格を値下げして売り出す事例が出ている。

〇 背景には、初めてマンションを買う団塊ジュニア世代が、価格高騰についていけなくなったためとされる。

〇 値下げはまだ財務体力のある業者にとどまるが、年内には本格的な在庫調整が始まるとの見方もある。マンションの“値崩れ”が、再び起きるかもしれない。

 産経新聞 2008/3/24 - より抜粋


■【 明日はわが身と考えてみるぞ。 】

 郊外のマンションを中心に20〜25%の値引きがされているそうです。業者が販売スピードを速めるのが目的で値引きされています。この売り急ぎの傾向は、郊外のマンションを中心に増えているそうですよ。

 金額の大きな買い物だけに、数百万円の差がでてきます。マンションや戸建ての販売価格だけではなく、住宅ローンの金利にも気を使いたいですね。これも、たった数パーセントの違いで数百万円の違いがでてきますからね。

 マンションの購入なんてほとんどの人が最初で最後の買い物になるかと思います。絶対に間違った買い物だけはしたくないと思いながらも、チラシなどを見ていると盲目になりがちです。

 FP知恵の木が提供している「不動産購入一括安心クン」サービスなんて、住宅購入を検討されている方にはオススメですよ。不動産屋さんを相手にするとき、力強い見方になってくれますよ。

 【不動産購入一括安心クン】
  → http://www.chienoki.com/advice_realestate.html


■【 プロの視点。CFP伊藤誠さんからのメッセージ。 】

 さて、マンション値崩れ?FP知恵の木にも不動産部があるので、この話は耳にしています。うちの不動産部いわく、今都内のマンションは買わない方が良いと言っています。やはり値段が下がると、業界でも言われているようです。

 それでは、一年前はどうだったでしょうか。マンション供給業者は都心のマンション値段が上がるので、わざと供給をせずマンションの値段が高騰してから、高額で売りに出す作戦をとっていました。

 それが、この在庫過剰とマンション値崩につながっています。ある意味、故意的にマンション供給を遅らせた業者は自分で自分の首を絞めたわけです。

 もうひとつは、やはり株安が影響を受けています。自分の持ち資産が減少すると、やはり買い物には躊躇します。

 FP知恵の木へご相談にこられる方で実感していますが、近年都心にマンションを買われた方は、ほんとうに買った時よりも現在のほうが値上げされていました。

 これは、ある一部の都心マンションだけのことで、郊外や地方ではなかなかないことだと思います。個人的には、住宅購入は値上がりを期待して購入しないほうが良いと思います。


posted at 14:35:00 on 2008-03-28 by nmura - Category: 1, お金のトピックス

検索語句ランキング
  1. 睡眠預金 (510)
  2. 扶養範囲 (395)
  3. 個人年金 リスク (387)
  4. 人生にかかるお金 (375)
  5. 人生 費用 (343)
  6. 納税準備預金 メリット (310)
  7. 子供 育てる 費用 (234)
  8. エンゼル係数 (226)
  9. ニューナイスプラン (216)
  10. おねしょ妻 (176)