知らなかった、というだけで、私たちは随分とたくさんの無駄遣いをしています。
お金・生活に関わる話題を取り上げ、夫婦で明日はわが身と考えてみる・・。
独立系ファイナンシャルプランナー 『FP知恵の木』の伊藤さんご協力のもと、
プロのアドバイスも聞くことができます。

2008-03-07 ローンの条件に関するご相談

■【 ローンの条件に関するご相談 】

> 知りたいことがあってメールします。
> ぜんぜん専門とは関係ないかもしれないのですが、
> もしご存じならば教えて頂きたいです。
>
> 金融機関やローン会社が使う「ブラックリスト」や
> 「個人情報のやりとり」は存在するのですか?
>
> 多重債務が原因で、もう借りられない。っていう状況は、
> 借りようとしている銀行が、よそでの多重債務を知っている。
> いわゆるブラックリストで知った。って事ですよね
>
> 個人的には、金融関係の方々の保身のためにもそういう
> リストは必要だし、当然あるだろう。と思っているのですが、
> 当の金融機関などは、その存在を否定しているのですか?
> そうであればそんな否定にはムリがありありで
> 聞く方が苦しいですね(--;
>
> 何か感ずることがあれば教えて下さい。


■【 CFP伊藤さんからのコメント 】

 「ブラックリスト」はもちろん存在します。正式名称はしりませんが。

 これがないと、まじめにこつこつ返済する人と返済ができなくなってしまう可能性が高い人と条件が同じになってしまいます。

 なぜ金利の高低があるかというと、金利の低い条件のよいローンは返済ができなくなる可能性のある人は極力避けます。言い換えると消費者にとって有利な条件の金融機関からローンを借りる場合、そうでない金融機関よりもハードルが高いということです。

 これに対し金利の高いローンは返済のできなくなる人たちをある程度見込んで金利を高めに設定しています。言い換えると金利の高い消費者ローンを借りてこつこつ返済している人は、返済ができなくなった人の分まで金利が上乗せされているということです。

 生命保険も同じです。

 病気になりそうな人は保険料を高くしないと加入させてくれません。健康な人と、そうでない人とでは保険料が違うのです。

 健康一番ですが、消費者ローンからお金をかりないことは2番目ぐらいに大事です。


posted at 14:28:00 on 2008-03-07 by nmura - Category: 2, 相談コーナー

検索語句ランキング
  1. 睡眠預金 (510)
  2. 扶養範囲 (395)
  3. 個人年金 リスク (387)
  4. 人生にかかるお金 (375)
  5. 人生 費用 (343)
  6. 納税準備預金 メリット (310)
  7. 子供 育てる 費用 (234)
  8. エンゼル係数 (226)
  9. ニューナイスプラン (216)
  10. おねしょ妻 (176)