知らなかった、というだけで、私たちは随分とたくさんの無駄遣いをしています。
お金・生活に関わる話題を取り上げ、夫婦で明日はわが身と考えてみる・・。
独立系ファイナンシャルプランナー 『FP知恵の木』の伊藤さんご協力のもと、
プロのアドバイスも聞くことができます。

2008-02-08 確定申告に関するご相談

■【 確定申告に関するご相談 】

> こんにちは いつも配信楽しみにしております。
>
> さて、質問なのですが、現在細々ながら自営業を営んでおり
> (主人の不要の範囲で)、
> 毎年確定申告をしておりますが、
> 昨年より別件の仕事を請け、
> そこから毎月所得税をひかれたものを給料として受けっています。
>
> 所得税は引かれているわけですから、
> 確定申告の際の収入には加えなくてもかまわないのでしょうか?
>
> あくまで夫の扶養の範囲で仕事を続けたいのですが、
> もし、範囲からはみ出るとしたら、
> どの額までを意識して仕事を続ければいいのでしょうか?
>
> 回答をお願いします。


■【 CFP伊藤さんからのコメント 】

 確定申告の際の収入には加えなくてもよいか?いいえ。加えなければなりません。ただし、自営は事業収入になり、給与は給与収入の欄に書かなければなりません。

 すこし難しくなりますが、扶養の範囲ということはよく103万円以下の収入といいますが、これは給与だけの場合です。

 自営の場合に直すと、儲けが38万円以下でなければ扶養には入れません。正確には、給与と事業の所得合計が38万円以下でなければ扶養には入れません。

 ただし、細々とやっているのなら、給与から差し引かれた税金は還付されるかもしれませんよ。細々の意味がなんともいえませんが・・・。


posted at 14:16:00 on 2008-02-08 by nmura - Category: 2, 相談コーナー

検索語句ランキング
  1. 睡眠預金 (510)
  2. 扶養範囲 (395)
  3. 個人年金 リスク (387)
  4. 人生にかかるお金 (375)
  5. 人生 費用 (343)
  6. 納税準備預金 メリット (310)
  7. 子供 育てる 費用 (234)
  8. エンゼル係数 (226)
  9. ニューナイスプラン (216)
  10. おねしょ妻 (176)