知らなかった、というだけで、私たちは随分とたくさんの無駄遣いをしています。
お金・生活に関わる話題を取り上げ、夫婦で明日はわが身と考えてみる・・。
独立系ファイナンシャルプランナー 『FP知恵の木』の伊藤さんご協力のもと、
プロのアドバイスも聞くことができます。

2008-01-25 住宅ローン控除に関するご相談

■【 住宅ローン控除に関するご相談 】

> こんにちは。
> 自営業をしています。
> 仕事がら現在自宅を事務所と兼用しております。
> 新たに住宅を購入した場合、
> 住宅ローン控除の扱いについて教えてください。
>
> 1、事務所兼用の場合でも住宅ローン控除は
>  受けることができますか?
> 2、事務所費はどこまで計上することが可能でしょうか?
>
> 例えば、全体の1/2を事務所として使用した場合
> ローン返済金の考え方など、1との併用は不可ですか?
>
> よろしくお願いいたします


■【 CFP伊藤さんからのコメント 】

 1)事務所兼用の場合でも住宅ローン控除は受けることができるか?

 できますが、条件があります。たとえば事務所と居住用スペースとで居住用スペースが50%以上であることです。

 そのほかにもいくつか条件があります。税金の優遇を受ける場合、その条件をすべて満たしていなければならず1つでも条件がクリアできないと税金の優遇は受けれません。

 2)事務所費はどこまで計上することができるか?

 原則論で言えば実態のとおりに経費に計上することができます。ローン返済金についてもいろいろと解釈ができます。

 上記の例でいくと100%ローンであれば、半分が事務所で半分が居住用になります。当然住宅取得控除も半分です。

 もし頭金を半分だしていたらどうでしょう。頭金を事務所分と考えることもできますし、頭金を居住用と考えることもできます。税金の問題では、このように選択できるケースが多々あります。選択できる場合は自分がどちらが有利かよく考えて選択しなければなりません。


posted at 14:08:00 on 2008-01-25 by nmura - Category: 2, 相談コーナー

検索語句ランキング
  1. 睡眠預金 (510)
  2. 扶養範囲 (395)
  3. 個人年金 リスク (387)
  4. 人生にかかるお金 (375)
  5. 人生 費用 (343)
  6. 納税準備預金 メリット (310)
  7. 子供 育てる 費用 (234)
  8. エンゼル係数 (226)
  9. ニューナイスプラン (216)
  10. おねしょ妻 (176)