知らなかった、というだけで、私たちは随分とたくさんの無駄遣いをしています。
お金・生活に関わる話題を取り上げ、夫婦で明日はわが身と考えてみる・・。
独立系ファイナンシャルプランナー 『FP知恵の木』の伊藤さんご協力のもと、
プロのアドバイスも聞くことができます。

2008-01-11 住宅ローンに関するご相談

■【 住宅ローンに関するご相談 】

> いつも有益な情報をありがとうございます。
>
> 住宅ローンの控除について、教えてください。
> 来春、夫婦共有名義で、3300万円の住宅ローンを組み、
> 夫2200万円、妻1100万円の比率で借りる予定です。
>
> 来年度対象となる住宅ローンの年末残高の上限は
> 2000万円ということなのですが、
> これは、共有名義の場合はどのような扱いになるのでしょうか。
>
> 個人についてのローン残高で上限2000万円でしょうか?
> 合算した残高3300万円から計算していいのでしょうか?
>
> 合算が可能ということであれば、
> 年末の借入残高上限2000万円×控除率を、
> 夫婦のローン比率で割った額が、
> それぞれの給与から控除できる金額となるのでしょうか。
>
> よろしくお願いいたします。


■【 CFP伊藤さんからのコメント 】

 とても良い質問ありがとうございます。住宅ローン控除も毎年縮小されてきていますね。また、夫婦共働きがあたりまえの現時代、ここは工夫次第で節税ができます。

 住宅ローン控除は個人についてのローン残高で上限2000万円です。合算ではありません。それぞれです。

 よって夫2200万円、妻1100万円よりも、夫2000万円、妻1300万円にしたほうが節税のメリットが大きくなります。ただし妻は今後も収入があることが前提ですが。


posted at 14:01:00 on 2008-01-11 by nmura - Category: 2, 相談コーナー

検索語句ランキング
  1. 睡眠預金 (510)
  2. 扶養範囲 (395)
  3. 個人年金 リスク (387)
  4. 人生にかかるお金 (375)
  5. 人生 費用 (343)
  6. 納税準備預金 メリット (310)
  7. 子供 育てる 費用 (234)
  8. エンゼル係数 (226)
  9. ニューナイスプラン (216)
  10. おねしょ妻 (176)