知らなかった、というだけで、私たちは随分とたくさんの無駄遣いをしています。
お金・生活に関わる話題を取り上げ、夫婦で明日はわが身と考えてみる・・。
独立系ファイナンシャルプランナー 『FP知恵の木』の伊藤さんご協力のもと、
プロのアドバイスも聞くことができます。

2007-11-23 社会保障維持に消費税上げ「やむなし」50%

■【 社会保障維持に消費税上げ「やむなし」50% 】

〇 読売新聞社の全国世論調査で、年金などの社会保障制度を維持するために、消費税率の引き上げをやむを得ないと思う人は、「どちらかといえば」を合わせて50%で、「そうは思わない」の48%を上回った。

〇 同じ質問をした昨年10月調査では、「やむを得ない」「そうは思わない」は、ともに49%だった。今回はわずかながら引き上げを容認する人が多くなり、消費税を巡る今後の論議にも影響しそうだ。

〇 社会保障水準と税金・保険料負担との関係では、「今の水準を維持するためには、税金や保険料が今より高くなっても構わない」が32%、「水準が低下しても高くならないようにすべきだ」が29%、「どちらとも言えない」が38%だった。

〇 同じ質問の2004年7月調査は「高くなっても構わない」が26%、「高くならないようにすべきだ」が37%で、今回は逆転した。現行水準維持のため、ある程度の負担増はやむを得ないと考える人が増えた。

 読売新聞 2007/11/20 - より抜粋


■【 明日はわが身と考えてみるぞ。 】

 政府税制調査会も消費税の社会保障財源化が必要だとして、3年ぶりに消費税率引き上げの必要性を指摘しました。大増税時代と言われる中、いよいよ消費税まで値上がりしていきそうですね。

 社会保障サービスの先進国とされる北欧フィンランドでは、全てが税金で賄われています。消費税の税率は平均22%と高い税率になっています。フィンランドでは扶養家族という概念がなく、個人に税金の義務があります。

 日本のこれからを考えると、社会保障の考え方から変えていかないといけないのかもしれませんね。ちなみに、この読売新聞の調査では、年金制度に対して、「信頼していない」(計66%)が、「信頼している」(計33%)を大きく上回ったそうです。


■【 プロの視点。CFP伊藤誠さんからのメッセージ。 】

 社会保障維持に消費税上げ「やむなし」、私も同感です。

 仕事でカナダへ行ってきましたが、消費税に該当するものが16%ぐらいでした。カナダで野菜ラーメンを1人で食べましたが、でかいブロッコリーがそのまま入っていてビックリしたのと、値札とレジで支払う金額がぜんぜんちがったのでまたビックリしました。原因は消費税だったようです。

 社会保障では、かなり充実していて病院はタダ・学校タダ・浮浪者にも毎月お金がでるその他いろいろあるようです。

 消費税アップは時間の問題です。使い道を社会保障維持にするのであれば、しかたがないと思います。それと同時に税金の無駄使いは徹底的にやめてもらいたいものです。


posted at 15:49:00 on 2007-11-23 by nmura - Category: 1, お金のトピックス

検索語句ランキング
  1. 睡眠預金 (510)
  2. 扶養範囲 (395)
  3. 個人年金 リスク (387)
  4. 人生にかかるお金 (375)
  5. 人生 費用 (343)
  6. 納税準備預金 メリット (310)
  7. 子供 育てる 費用 (234)
  8. エンゼル係数 (226)
  9. ニューナイスプラン (216)
  10. おねしょ妻 (176)