知らなかった、というだけで、私たちは随分とたくさんの無駄遣いをしています。
お金・生活に関わる話題を取り上げ、夫婦で明日はわが身と考えてみる・・。
独立系ファイナンシャルプランナー 『FP知恵の木』の伊藤さんご協力のもと、
プロのアドバイスも聞くことができます。

2007-10-19 保険窓販12月全面解禁

■【 保険窓販12月全面解禁 】

〇 銀行の窓口であらゆる保険商品を販売できる「保険の銀行窓販」について、金融庁は当初の予定通り12月22日に全面解禁する方針を固めた。

〇 主に「生保レディー」を通じて契約していた医療保険などの保障性商品が、銀行窓口で購入できるようになる。

〇 窓口でたくさん売ってもらうために、生命保険各社も商品性を高めていくとみられ、競争により保険料も安くなりそうだ。

 読売新聞 2007/10/11 - より抜粋


■【 明日はわが身と考えてみるぞ。 】

 保険商品の販売が全面解禁されると、これまで銀行では扱えなかった死亡保障保険や、医療保険、介護保険などの販売が可能になり、われわれの利便性は向上します。

 保険商品も価格競争によって保険料が安くなるといいなぁというのは消費者の意見なのですが、賛否両論あるようです。生保業界は既存販売網への影響もあり反対姿勢、銀行側は利便性向上と保険市場拡大が期待できるとして賛成しているようです。

 また銀行窓口販売の全面解禁に向けて、窓口販売専門の生命保険会社が登場してきています。もともと国内で販売網のない外資系生保を含め、銀行や信用金庫、証券会社の店舗網をアテにした新規参入がまだ増えるようです。


■【 プロの視点。CFP伊藤誠さんからのメッセージ。 】

 業界の人に聞くと「生保レディー」=「生保おばちゃん」は激減しているそうです。そりゃそうですよね。

 もう、お願いで生命保険を入る時代は都市圏では終わりつつあります。地方のほうに行くと、まだまだ郵便局やJAが強いというか、これしかないので地方で相談会を行うと郵便局やJAの保険証書ばかり出てきます。

 銀行の保険窓販ですが、賛成は賛成ですが、銀行員の人達がちゃんと勉強してくれるか心配です。金融機関の研修に招かれると、金融機関の人が勉強していないことがよくわかります。(もちろん勉強している人もいますが)

 金融機関では、FPの資格取得を半強制的によくやっています。保険や投資信託を銀行で買う場合、担当が最低FPの2級ぐらいもっていることを確かめてから、相談されてはどうでしょうか。

 保険とは何か、投資信託とは何かを知らず、販売する商品知識だけの人が多いですよ。


posted at 15:33:00 on 2007-10-19 by nmura - Category: 1, お金のトピックス

検索語句ランキング
  1. 睡眠預金 (510)
  2. 扶養範囲 (395)
  3. 個人年金 リスク (387)
  4. 人生にかかるお金 (375)
  5. 人生 費用 (343)
  6. 納税準備預金 メリット (310)
  7. 子供 育てる 費用 (234)
  8. エンゼル係数 (226)
  9. ニューナイスプラン (216)
  10. おねしょ妻 (176)