知らなかった、というだけで、私たちは随分とたくさんの無駄遣いをしています。
お金・生活に関わる話題を取り上げ、夫婦で明日はわが身と考えてみる・・。
独立系ファイナンシャルプランナー 『FP知恵の木』の伊藤さんご協力のもと、
プロのアドバイスも聞くことができます。

2007-09-28 教育資金の貯蓄に関するご相談

■【 教育資金の貯蓄に関するご相談 】

> いつもメルマガありがとうございます。
>
> さて、質問です。
>
> 年内に住宅ローンが完済し、
> 年間120万から150万円くらいのお金が残ってきます。
> 子ども(中2、小5)の教育資金として貯蓄しようと思いますが、
> 今はどのように預けるのがベストでしょうか?
> (現在は、学資保険のみのため)
>
> よろしくお願いします。


■【 CFP伊藤さんからのコメント 】

 住宅ローンが完済、うらやましいですね。年間120万から150万円くらいのお金が残る。それほど、住宅ローン完済は大きなことです。

 ご質問の答えですが、年間120万から150万円くらいのお金が残るのであれば、あえて教育資金としての貯蓄はしなくても良いと思います。

 わかりづらいので、具体的には子ども(中2、小5)の教育費がかかる時期をあと5年とします。

 5年間はお金がたまりますが、これは長期運用で老後資金にまわします。5年後から年間120万から150万円の余裕資金をその年の教育資金として使います。この間は貯蓄ができなくて良いと考えます。

 こうすると時間を味方につける運用ができるようになります。(長期運用)お金を貯めるコツとして、時間を味方につけることは大きなメリットです。

 次は老後資金になりますので、60歳または65歳が満期になる預け方が良いと思います。現在の年齢やご主人の退職時期、その他の貯蓄残など情報をいただければ個別にご案内したいと思います。


posted at 15:25:00 on 2007-09-28 by nmura - Category: 2, 相談コーナー

検索語句ランキング
  1. 睡眠預金 (510)
  2. 扶養範囲 (395)
  3. 個人年金 リスク (387)
  4. 人生にかかるお金 (375)
  5. 人生 費用 (343)
  6. 納税準備預金 メリット (310)
  7. 子供 育てる 費用 (234)
  8. エンゼル係数 (226)
  9. ニューナイスプラン (216)
  10. おねしょ妻 (176)