知らなかった、というだけで、私たちは随分とたくさんの無駄遣いをしています。
お金・生活に関わる話題を取り上げ、夫婦で明日はわが身と考えてみる・・。
独立系ファイナンシャルプランナー 『FP知恵の木』の伊藤さんご協力のもと、
プロのアドバイスも聞くことができます。

2007-09-21 住宅ローン返済に関するご相談

■【 住宅ローン返済に関するご相談 】

> こんにちは。
> メルマガでちょっとづつ意識改革してもらって感謝しています。
>
> 我が家の住宅ローンについて、質問させて下さい。
>
> 借り入れ額は2200万円です。
> 内訳はふたつ。借り入れ期間は共に25年です。
> 25年固定金利2.5%、で1200万円。
> 市の協調融資という、税金を完納している世帯に
> 融資する住宅ローンから1000万円。
> これは10年固定1.98%です。
> 固定の10年間は繰り上げ返済すると、
> 2万円の手数料がかかります。
> 25年固定の方は手数料はかかりません。
> 月々の返済額は約90000円です。
>
> 住宅購入を決めてすぐ、全く予定外の第2子妊娠がわかり、
> 私は昨年末で退職しました。
> 正直、家計的には厳しいです。
> 長男は現在9才。9年後にはガツンと教育費がかかるかも知れません。
> その頃、10年固定のローンは、金利見直しで返済額が上がるでしょう。
> 当初、私も働いているから10年の固定期間が終わって
> 金利が上がる前にローン残高分くらいを
> 貯められると思っていました。が、、、。
>
> 今、夫婦で預金が150万円ほどあり、
> 投資信託が評価額100万円程あります。
> 多少の現金は必要ですが、
> ボーナスは返済に入れていないので100万円くらい
> 現金が減っても大丈夫だと思います。
> この場合、25年固定金利のローンの方を
> 繰り上げ返済した方がいいのか、
> 手数料を払っても10年固定の方を返済した方がいいのか、
> 運用して9年後に10年固定の方を一括返済した方がいいのか、
> ご意見を頂けないでしょうか。
>
> よろしくお願いします。


■【 CFP伊藤さんからのコメント 】

 とてもクリアでわかり易いご質問ありがとうございます。

 100万円くらいの現金の使い道
 A)25年固定金利2.5%、1200万円の繰り上げ返済。
 B)10年固定金利1.98%、1000万円の繰り上げ返済。
 C)投資して儲ける

 私の答えは、Aです。

 Aのメリットは、79万円節約でかつ返済期間が2年9ケ月短縮。
 Bのメリットは、56万円節約でかつ返済期間が3年1ケ月短縮。
  10年後の金利見直しで長くとも残り15年なので、金利上昇はある程度
  だいじょうぶ。返済額はそう大きくは上がりません。
 Cは100万円投資して、79万円稼ぐのはたいへん。

 私の答えは、Aです。もし、将来資金繰りがたいへんそうであれば、Bを先に繰り上げ返済し、その後もB繰り上げ返済で何とか10年以内に完済という選択もあのます。

 そうすれば、教育費がガツンとくるころ、返済が9万円から約5万円になり、月4万円を教育費に回すことができます。


posted at 15:20:00 on 2007-09-21 by nmura - Category: 2, 相談コーナー

検索語句ランキング
  1. 睡眠預金 (510)
  2. 扶養範囲 (395)
  3. 個人年金 リスク (387)
  4. 人生にかかるお金 (375)
  5. 人生 費用 (343)
  6. 納税準備預金 メリット (310)
  7. 子供 育てる 費用 (234)
  8. エンゼル係数 (226)
  9. ニューナイスプラン (216)
  10. おねしょ妻 (176)