知らなかった、というだけで、私たちは随分とたくさんの無駄遣いをしています。
お金・生活に関わる話題を取り上げ、夫婦で明日はわが身と考えてみる・・。
独立系ファイナンシャルプランナー 『FP知恵の木』の伊藤さんご協力のもと、
プロのアドバイスも聞くことができます。

2007-08-24 年金改革 道険し

■【 年金改革 道険し 】

〇 参院選の最大の争点となった年金問題。選挙が終わって、与党と民主党がそれぞれ公約に掲げた改革案をどう実行していくのかが問われている。

〇 与党が参院選公約で掲げた年金改革の目玉の一つが、サラリーマンと公務員の年金を2010年度にも厚生年金へ一本化する被用者年金一元化だ。

〇 統合によって「年金の官民格差」解消を目指すもので、被用者年金一元化法案としてすでに政府から国会に提出されている。正社員との格差是正を目的とした、パート労働者への厚生年金の適用拡大も法案に盛り込まれている。

〇 民主党は、「自営業者らが加入する国民年金も含めた完全な年金の一元化」を公約としており、サラリーマンと公務員の年金だけの一元化にとどまる政府の法案には反対する考えだ。

 読売新聞 2007/8/20 - より抜粋


■【 明日はわが身と考えてみるぞ。 】

 参院選のときは年金記録漏れ問題が大きくクローズアップされていました。その年金記録を再度照合するのにも、たくさんの税金が投入されているんですよね。

 すでに以前の年金改革で、国庫負担割合を2分の1にすることは決まっています。基礎年金のうち税金で負担する割合が半分って結構驚きです。消費税率の引き上げによって財源をカバーするって話しもあります・・。

 先々の増税はおおいに予想できますが、老後受け取れる年金に対しては予想がつきません。不安がつのるばかりです・・。自分が何歳の時に、生活するのにどれだけのお金が必要かを予測して、自分で準備できることはないか考えることが大事ですね。


■【 プロの視点。CFP伊藤誠さんからのメッセージ。 】

 今回の選挙で、みんな年金におおきな関心がやはりあるのだと、改めてわかりました。だいたい年金はいくらぐらいもらえるのか。かなり概算ですが、かなりみなさんの参考になると思いますので、今回はこれでいきます。

 (1)夫はサラリーマンを30年以上、
    妻は学校を卒業後に少し働いて厚生年金、その後はアルバイト程度

    年金受給額:夫年間200万 妻年間100万
          夫婦で年間300万円です。月にすると25万円。

 (2)夫は自営(厚生年金ではない)を30年以上、
    妻は学校を卒業後に少し働いて厚生年金、その後はアルバイト程度

    年金受給額:夫年間100万 妻年間100万
          夫婦で年間200万円です。月にすると16.6万円。

 (3)夫・妻ともにサラリーマンを30年以上

    年金受給額:夫年間200万 妻年間200万
          夫婦で年間400万円です。月にすると33万円。

 それでは、みなさん今の年収はいくらですか?毎月いくら使っていますか?毎年お金は残っていますか?

 上記の金額は、かなり現実に近いですよ。これで老後毎月のお金が足りない人は計画的に貯蓄しましょう。

 それと、将来年金がもらえないことはないですよ。


posted at 16:42:00 on 2007-08-24 by nmura - Category: 1, お金のトピックス

検索語句ランキング
  1. 睡眠預金 (510)
  2. 扶養範囲 (395)
  3. 個人年金 リスク (387)
  4. 人生にかかるお金 (375)
  5. 人生 費用 (343)
  6. 納税準備預金 メリット (310)
  7. 子供 育てる 費用 (234)
  8. エンゼル係数 (226)
  9. ニューナイスプラン (216)
  10. おねしょ妻 (176)