知らなかった、というだけで、私たちは随分とたくさんの無駄遣いをしています。
お金・生活に関わる話題を取り上げ、夫婦で明日はわが身と考えてみる・・。
独立系ファイナンシャルプランナー 『FP知恵の木』の伊藤さんご協力のもと、
プロのアドバイスも聞くことができます。

2007-06-15 財務省、個人向け国債の販促に躍起

■【 財務省、個人向け国債の販促に躍起 】

〇 財務省は8日、個人向け国債の販売実績が高い金融機関と「国債トップリテーラー会議」の初会合を開いた。個人マネーが定期預金や投資信託などに流れ、国債の販売が低迷していることから、販売促進策を協議する目的だ。

〇 財務省が販売促進に躍起になるのは、最近の販売実績が低迷しているからだ。07年4月債の販売額は「固定金利型5年満期」「変動金利型10年満期」を合わせて1兆1805億円で、06年7月債(計2兆2243億円)の約半分に落ち込んだ。

〇 個人向け国債は、日本銀行のゼロ金利政策で銀行の預金金利が0%近辺に張り付いていたころ、少しでも有利な運用先を求める個人の人気を集めた。しかし、06年7月のゼロ金利解除で市場環境は逆風に転じた。

〇 景気回復を受けて長期金利がこの先上昇(債券価格は下落)するとの期待が高まり、今、国債を買うことの有利性は薄れた。

 読売新聞 2007/6/9 - より抜粋


■【 明日はわが身と考えてみるぞ。 】

 個人向け国債は、購入者を個人に限定した国債で1万円から買うことができます。金利は直近の10年固定利付国債の市場金利に連動します。2003年の3月債から発売され、その後は毎年度4月債、7月債、10月債、1月債の年4回発売されています。変動金利型10年満期と固定金利型5年満期の2種類があります。

 満期日の元本や半年毎の利子の支払いは、日本国政府が責任をもって行ってくれるとのこと。投資をはじめてするなんて人にはおすすめな金融商品なのかもしれませんね。

 国債の新しい情報は、財務省が配信しているメールマガジンでも知ることができます。税制メールマガジン、個人向け国債お知らせメールを財務省が出してるんですが、なかなか勉強になりますよ。


■【 プロの視点。CFP伊藤誠さんからのメッセージ。 】

 個人向け国債が人気がないとは知りませんでした。

 わが家も持っています。ちゃんと半年に1回、郵便局の通帳の『ぱるる』に利息が入っています。

 もともと、個人向け国債なんて、販売者は日本国なので売れようが売れまいがあまり関係ないと思っていたのですが、国は個人向け国債が売れないと何かこまるのでしょうか?

 私が買ったとき、売り切れのときもあったぐらいで、多分購入したい人が一巡してしまったのでしょう。金利が上昇してきたので、リスクを嫌う人は個人向け国債は悪くないと思いますよ。


posted at 15:46:00 on 2007-06-15 by nmura - Category: 1, お金のトピックス

検索語句ランキング
  1. 睡眠預金 (510)
  2. 扶養範囲 (395)
  3. 個人年金 リスク (387)
  4. 人生にかかるお金 (375)
  5. 人生 費用 (343)
  6. 納税準備預金 メリット (310)
  7. 子供 育てる 費用 (234)
  8. エンゼル係数 (226)
  9. ニューナイスプラン (216)
  10. おねしょ妻 (176)