知らなかった、というだけで、私たちは随分とたくさんの無駄遣いをしています。
お金・生活に関わる話題を取り上げ、夫婦で明日はわが身と考えてみる・・。
独立系ファイナンシャルプランナー 『FP知恵の木』の伊藤さんご協力のもと、
プロのアドバイスも聞くことができます。

2007-05-25 学資保険に関するご相談

■【 学資保険に関するご相談 】

> 始めましていつも楽しく読まさせて頂いていますが、
> 今回初めてご相談のメールをさせて頂きました。
>
> 当方、1才になったばかりの子供がいます。
> 現在県民共済の掛け捨て医療保険に加入していて、
> 学資保険は、入っていないのですが、この二つ
> 本当に必要でしょうか?
>
> 乳幼児医療給付金を小学校3年生まで受けられる地域にいます。
> 学資保険は、利率の低さに何となく迷いつつ
> 1才まで来てしまいました。
> もしものために何をどう備えたらいいのでしょうか?
> 教えて下さい。よろしくお願いします。


■【 CFP伊藤さんからのコメント 】

 なぜ、学資保険に加入をするかを考えて見ましょう。必ず、理由があるはずです。

 1)子供の教育費を貯めたい
 2)親に万が一の時に保険がでるようにしておきたい。

 学資保険に加入する理由は、この2つが両方セットになっていることが魅力です。

 ところが、良く検証すると、
 1)子供の教育費を貯めたい。これについては、現在超低金利ですので、この金利が18歳または22歳まで固定する学資保険は不利です。別の良い貯蓄方法を選択することをおすすめしています。

 2)親に万が一の時に保険がでるようにしておきたい。これについては、学資保険の補償は、一般的に100万円〜300万円ぐらいです。それこそ現在県民共済のような保険のほうが割安です。

 結論は、貯蓄は貯蓄で良い貯蓄方法。保険は保険で良い保険。と別々に加入することをおすすめしています。


posted at 15:30:00 on 2007-05-25 by nmura - Category: 2, 相談コーナー

検索語句ランキング
  1. 睡眠預金 (510)
  2. 扶養範囲 (395)
  3. 個人年金 リスク (387)
  4. 人生にかかるお金 (375)
  5. 人生 費用 (343)
  6. 納税準備預金 メリット (310)
  7. 子供 育てる 費用 (234)
  8. エンゼル係数 (226)
  9. ニューナイスプラン (216)
  10. おねしょ妻 (176)