知らなかった、というだけで、私たちは随分とたくさんの無駄遣いをしています。
お金・生活に関わる話題を取り上げ、夫婦で明日はわが身と考えてみる・・。
独立系ファイナンシャルプランナー 『FP知恵の木』の伊藤さんご協力のもと、
プロのアドバイスも聞くことができます。

2007-04-13 退職金に関するご相談

■【 退職金に関するご相談 】

> メルマガをいつも楽しみに読んでます。
>
> 今年の6月1日に関連会社に行くことになりましたが、
> 退職年金が4%とか3%以下になるとかで、
> どうしたら良いのか悩んでいます。
>
> 概要は以下です。
> 勤続:31年
> 年令:50才
> 年収:1050万(直近3年)
> 関連会社での給料も同額の予定
> 早期退職金:3000万
> 早期退職しない場合CBは引き継ぐ
> DC:無し
> 定年:60才
> 住宅ローン:2300万 変動金利で現在は1.875%
>
> ご相談内容
> ・転籍と移籍でどちらが良いでしょうか
> ・転籍(早期退職)した場合、退職金は一時金と年金どちらで
> 貰ったほうが有利でしょうか
> ・退職金でローンを精算した方が良いでしょうか
>
> 沢山あって申しわけありませんが、よろしくお願いいたします。


■【 CFP伊藤さんからのコメント 】

 退職年金が4%とか3%とは、どういう意味でしょうか・・?

 ご相談内容ですが、これは大変重要なご質問になります。それぞれ、どちらを選択したら良いか大きな金銭的違いがでます。とても良いサンプルですが、上記のような場面が一生に一度ぐらいみなさん訪れてきます。私の言いたいことは、このときにFPを活用することは大きなメリットがありますよ。

 さて回答ですが、その他の個人情報がないと正しい答えが出せません。一般論でいうと、転職で退職一時金をもらい、ローンの清算をするのがよいとなりますが、くれぐれも、それぞれ重大な選択になりますので、必ず他の個人(自分・家族)情報とを加味して、意思決定をしてください。

 団塊世代の退職のせいでしょうか、退職直前のご相談が最近FP知恵の木では増えています。


posted at 14:50:00 on 2007-04-13 by nmura - Category: 2, 相談コーナー

検索語句ランキング
  1. 睡眠預金 (510)
  2. 扶養範囲 (395)
  3. 個人年金 リスク (387)
  4. 人生にかかるお金 (375)
  5. 人生 費用 (343)
  6. 納税準備預金 メリット (310)
  7. 子供 育てる 費用 (234)
  8. エンゼル係数 (226)
  9. ニューナイスプラン (216)
  10. おねしょ妻 (176)