知らなかった、というだけで、私たちは随分とたくさんの無駄遣いをしています。
お金・生活に関わる話題を取り上げ、夫婦で明日はわが身と考えてみる・・。
独立系ファイナンシャルプランナー 『FP知恵の木』の伊藤さんご協力のもと、
プロのアドバイスも聞くことができます。

2007-03-09 売る派?貸す派?借りる派?

■【 売る派?貸す派?借りる派? 】

〇 「人生最大の買い物」で、家計の資産の大部分を占める「家」。だが、子育てが終わった年齢層の中には、昔取得した家を持て余している人も少なくない。

〇 そんな家を現金収入へ変えるにはどうすればいいのか。シニア層に焦点を当てた新しい中古住宅活用法を紹介する。

〇 売る

 東京急行電鉄:築10年以上の沿線内の住宅をリフォームして売買を仲介
  ・メリット  一定期間内に買い手がいない時も販売価格で買い取り
  ・デメリット 更地にして売った方が高い場合も

 旭化成グループ:売り手と買い手の情報を提供。万一の時は買い取り保証
  ・メリット  買い手は履歴のはっきりした良質な中古住宅が買える
  ・デメリット 登録数は限られる

〇 貸す

 移住・住みかえ支援機構:50歳以上の持ち家を借り3年更新契約で子育て中の若年層を中心に貸し出す
  ・メリット  借り手は相場より安めの家賃で賃借、貸し手は3年契約の更新時に戻れる
  ・デメリット 借り手は3年ごとに異動の可能性あり、貸し手の収入は相場より安め

〇 借りる(リバースモーゲージ)

 銀行、自治体:自宅を担保に必要資金を貸し出し、死亡時に売却して回収。
  ・メリット  住み続けながら資金を得られる
  ・デメリット 子供は相続できない

 日経新聞 2007/3/4 - より抜粋


■【 明日はわが身と考えてみるぞ。 】

 これからの高齢者は公的年金のみに頼れなくなってきます。豊かな老後の生活をおくるために、持ち家をどう生かすかを考える必要がありますね。売る、貸すという選択は知ってましたが、借りるっていうのは知りませんでした。

 家を移りたくはないが、現金収入が欲しい場合、戸建て住宅などの評価額の一定範囲内での借り入れをすることができる。これがリバースモーゲージという選択です。基本的には死亡時に借り入れを精算するシステムです。

 自分の人生設計と照らし合わせて、どのように活用するか検討してみてはいかがでしょうか?


■【 プロの視点。CFP伊藤誠さんからのメッセージ。 】

 さて、この話題は大きいですよ。お金のない人に共通している1つに、住居の移り変わりに失敗の人たちが多数います。

 住居移住典型的パターン
 (1)結婚で2DKまたは3DK(賃貸)
 (2)子供誕生で3DK以上(購入)
 (3)子供が中学生で3DK以上+子供部屋確保(購入)
 (4)子供が独立 夫婦2人では広すぎるので小さい住居を確保(購入)
 これで、引越しが4回です。これが日本の典型的パターンです。

 このパターンで良い話を聞いたことがあります。(3)子供が中学生で3DK以上+子供部屋確保(購入)ではなく、この時に賃貸にするのです。(2)の家を貸して家賃収入を確保。このお金で広い賃貸へ子供が独立するまで移ります。可能性とすると子供が大学に行くときに、子供が家を出る可能性が高いですね。そして、子供が独立して、よければ(2)の家に戻るか、新規に夫婦2人でちょうど良い住居を探します。

 これは、資金繰的にバッチリですよ。(3)の購入が避けられるからです。ということで、我が家も4月から、(3)子供が中学生で3DK以上+子供部屋確保(賃貸)にお引越し。現在の我が家を賃貸に出します。

 それと、もう1つ最近の傾向(FP知恵の木への相談経験より)ですが、結婚してすぐ住居購入は避けたほうが良いような気がします。理由は離婚が多いからです。ほんとうに2人で一生付き添えると確信してから、家を購入しましょう・・。


posted at 14:36:00 on 2007-03-09 by nmura - Category: 1, お金のトピックス

検索語句ランキング
  1. 睡眠預金 (510)
  2. 扶養範囲 (395)
  3. 個人年金 リスク (387)
  4. 人生にかかるお金 (375)
  5. 人生 費用 (343)
  6. 納税準備預金 メリット (310)
  7. 子供 育てる 費用 (234)
  8. エンゼル係数 (226)
  9. ニューナイスプラン (216)
  10. おねしょ妻 (176)