知らなかった、というだけで、私たちは随分とたくさんの無駄遣いをしています。
お金・生活に関わる話題を取り上げ、夫婦で明日はわが身と考えてみる・・。
独立系ファイナンシャルプランナー 『FP知恵の木』の伊藤さんご協力のもと、
プロのアドバイスも聞くことができます。

2011-12-02 住宅ローン控除に関するご相談

■【 住宅ローン控除に関するご相談 】

> お世話になります。
>
> 平成13年に当時仕事をしていましたA県で
> 新築の分譲マンションを購入、
> 同年3月に入居し、以降住宅ローン控除を受けています。
>
> 実は今年(平成23年)6月に転職でH県から上京し、
> もうA県には戻る予定もないことから、
> 控除を受けている前述のマンションを売りに出していますが、
> まだ買い手は見つかっておりません。
>
> もし、このまま年内に売却されないとしたら、
> 今年の控除を受けることはできるのでしょうか?
>
> 転職にあたり、繰り上げ返済などしていないので、
> 控除を受ける期間は、まだこの先残っています。
> また、現在は誰も住んでいません。
> 関連サイトでは、
> 「控除を受ける当年の12月13日に住んでいることが控除適用の条件」
> などとありますが、これが本当でしたら今年も含め、
> これ以降はマンションが売れるまで控除は受けられない、
> ということになりますが、
> これは本当なのでしょうか?


■【 CFP伊藤さんからのコメント 】

 こんにちは、『FP知恵の木』伊藤です。ご相談をお寄せいただきありがとうございます!

 住宅ローン控除を受けられる条件として「控除を受ける当年の12月13日に住んでいることが控除適用の条件」は本当です。

 上京して東京に住んでいるのであれば、住宅ローン控除を受けることができません。

 マンション売却で住宅ローンは完済てきますか。もしできないと売却することもできません。

 ご家族も上京されたのですか。住宅ローン控除を受けている途中に会社から転勤辞令が出され、その結果、単身赴任となってしまった場合、中には住宅ローン控除が受けられなくなってしまうのではないかと考える人もいるでしょう。

 しかし、ご家族が残っていれば(=単身赴任)、転勤期間中も本人が住んでいるものとみなしてくれるので、住宅ローン控除が適用されなくなることはありません。これまで通り、還付されます。

 またのご相談やご感想、お待ちしております。ありがとうございました!

posted at 13:51:00 on 2011-12-02 by nmura - Category: 2, 相談コーナー

検索語句ランキング
  1. 睡眠預金 (510)
  2. 扶養範囲 (395)
  3. 個人年金 リスク (387)
  4. 人生にかかるお金 (375)
  5. 人生 費用 (343)
  6. 納税準備預金 メリット (310)
  7. 子供 育てる 費用 (234)
  8. エンゼル係数 (226)
  9. ニューナイスプラン (216)
  10. おねしょ妻 (176)