知らなかった、というだけで、私たちは随分とたくさんの無駄遣いをしています。
お金・生活に関わる話題を取り上げ、夫婦で明日はわが身と考えてみる・・。
独立系ファイナンシャルプランナー 『FP知恵の木』の伊藤さんご協力のもと、
プロのアドバイスも聞くことができます。

2011-12-02 家を早く売りたい 業者の見つけ方は?

■【 家を早く売りたい 業者の見つけ方は? 】

〇 売却を仲介会社に頼む場合、媒介契約を結ぶことになります。媒介契約には、複数の会社に売却を依頼できる「一般媒介」と1社限定で頼む「専任媒介」があります。

〇 依頼側には、たくさんの会社に頼める「一般」の方が有利に思えますが、頼まれた会社の方から見れば、他社に契約を取られると、それまでの活動が水の泡になります。

〇 一方、「専任」は他社に契約を取られる心配がなく、広告も打ちやすいので熱心に探してくれる会社が多いようです。

〇 また、「専任」では会員間で不動産取引の情報をやり取りする「レインズ」への掲載も義務付けされており、積極的な販促活動をしてくれることが期待できます。

 読売新聞 2011/11/22 - より抜粋


■【 明日はわが身と考えてみるぞ。 】

 もし家を手放すことになった場合、多くのことを考える必要がありますね。売却をお願いする仲介業者を見つけることもそうですが、住宅ローンが残っている場合は、残債をどうするかも考えないといけないですね。

 家を売るということは、所有権を買主に移転するので、抵当権を抹消することで住宅ローンの残金は一括返済が必要になります。売却代金でローンを全部返せない場合はどうするかしっかり考えておかないといけませんね。

 どの仲介会社に売却をお願いするかもそうですが、売った後のことも計画して進めたいですね。買う時と同じく、売る時も大きく損をしないようにしたいですね。


■【 プロの視点。CFP伊藤誠さんからのメッセージ。 】

 家を早く売りたい。ズバリFP知恵の木へご依頼いただくと有利です。

 理由1)もちろん不動産取引の情報をやり取りする「レインズ」への掲載を行い、全不動産業者に積極的な販促活動を促します。

 理由2)不動産屋さんの仲介手数料を20%値引きできます。不動産屋さんへ家の売却を依頼すると、販売価格×3%+6万円の手数料がとられます。

 3000万円の自宅売却であれば、96万円という大きな金額の手数料を支払わなければなりません。この20%値引なので19.2万円支払いが少なくなります。

 理由3)ほんとうにその家を売却してよいのか、ライフプランより検討します。これは、FPならでは。不動産屋さんに行けば良くも・悪くも家の売却をすすめられます。

 不動産業者から中古住宅やマンションを購入するときも、購入価格×3%+6万円の手数料の手数料が取られます。購入するときも、ズバリFP知恵の木へご依頼いただくと有利です。

posted at 13:50:00 on 2011-12-02 by nmura - Category: 1, お金のトピックス

検索語句ランキング
  1. 睡眠預金 (510)
  2. 扶養範囲 (395)
  3. 個人年金 リスク (387)
  4. 人生にかかるお金 (375)
  5. 人生 費用 (343)
  6. 納税準備預金 メリット (310)
  7. 子供 育てる 費用 (234)
  8. エンゼル係数 (226)
  9. ニューナイスプラン (216)
  10. おねしょ妻 (176)