知らなかった、というだけで、私たちは随分とたくさんの無駄遣いをしています。
お金・生活に関わる話題を取り上げ、夫婦で明日はわが身と考えてみる・・。
独立系ファイナンシャルプランナー 『FP知恵の木』の伊藤さんご協力のもと、
プロのアドバイスも聞くことができます。

2011-11-18 年末調整の扶養に関するご相談

■【 年末調整の扶養に関するご相談 】

> 楽しみにメルマガ拝見しております。
> 質問ですが。。。
>
> 2か所で働いている場合ですが
> (A 年間103万円未満のパート、)
> (B 月に3日くらいの勤務 年間20万円位になる予定
> 9月から働きはじめた)
>
> Aは年末調整の紙をだしました。
> (103万円未満なので、主人の扶養に入っています)
>
> Bの方も9月から働き始めたところですが。。
> Bの年末調整を出したら、市役所の方では、
> 2か所から働いている事がわかり
> 市民税の関係でAに連絡がいき、
> A・・・主となる会社の方から市民税を、
> 余分に働いた分(Bで働いた分)だけとられる。。。?
> という事でしょうか?
>
> 宜しくお願い致します。


■【 CFP伊藤さんからのコメント 】

 こんにちは、『FP知恵の木』伊藤です。ご相談をお寄せいただきありがとうございます!

 市民税についてですが、AとBの合計に対して課税されます。余分に働いた分(Bで働いた分)だけとられるという事ではありません。

 おおざっぱですが、両方を足して103万円を超えなければ市民税はかからないと思ってください。

 両方を足して103万円を超えても、生命保険や社会保険の控除があれば市
民税がかからないケースもあります。

 103万円というのは、1ケ所でも2ケ所でも3ケ所でも、すべて合計して103万円を超えるか超えないかがポイントとなります。

 またのご相談やご感想、お待ちしております。ありがとうございました!

posted at 13:47:00 on 2011-11-18 by nmura - Category: 2, 相談コーナー

検索語句ランキング
  1. 睡眠預金 (510)
  2. 扶養範囲 (395)
  3. 個人年金 リスク (387)
  4. 人生にかかるお金 (375)
  5. 人生 費用 (343)
  6. 納税準備預金 メリット (310)
  7. 子供 育てる 費用 (234)
  8. エンゼル係数 (226)
  9. ニューナイスプラン (216)
  10. おねしょ妻 (176)