知らなかった、というだけで、私たちは随分とたくさんの無駄遣いをしています。
お金・生活に関わる話題を取り上げ、夫婦で明日はわが身と考えてみる・・。
独立系ファイナンシャルプランナー 『FP知恵の木』の伊藤さんご協力のもと、
プロのアドバイスも聞くことができます。

2011-11-18 目減りした投資信託 持ち続けるべき?

■■■ トピックス

■【 目減りした投資信託 持ち続けるべき? 】

〇 投資信託は中長期保有が原則だと言われています。しかし、購入後に目減りがひどくなってきたのに、ずっと持ち続けるより、一定の時期に見直すことをお薦めします。

〇 例えば、一時期注目されたBRICS関連の投信を持っている場合、今もその商品運用で良いのかを確認することです。

〇 投資のタイミングは、これから伸びるところで買い、頭打ちになるところで売るのが重要なポイントです。経済の先行きが見えない場合、一度売って商品を整理し、どの商品に再投資をするのかを考えるとよいでしょう。

〇 損失が確定してしまう、と二の足を踏む人もいますが、基準価額が下がりすぎると投資信託は運用を打ち切ることもあります。持ち続ければ必ずいつかは戻るというものではありません。一度売るという勇気も時には必要です。

 読売新聞 2011/11/8 - より抜粋


■【 明日はわが身と考えてみるぞ。 】

 投資信託は、多くの投資家から資金を集め、プロが株式や債券を使って運用するという仕組みです。

 低金利の銀行預金、リスクの高い株式投資など、個人が安全に資産を増やすことが難しい中、注目を集めているのが投資信託です。投資信託が他の金融商品と大きく異なるのは、資産の運用をプロに一任することです。

 運用がうまくいけば、預貯金以上の収益を得ることができますが、一方で運用がうまくいかなければ元本割れすることもあります。

 投資信託を積立で購入する方法もあります。証券会社によっては、月1000円から積み立てることができます。老後のことを考えると、コツコツ積み立てをして備えるのも一案かもしれません。


■【 プロの視点。CFP伊藤誠さんからのメッセージ。 】

 投資信託を持ち続けるか否か、確かに一度売り損失を確定させる勇気も必要です。

 この時の利点は、確定申告をすることにより、損失を3年間繰り越せる・他の利益と合算できるということです。

 また、他に利益の出ている株や投資信託と合算できるので、利益の出ている株や投資信託で税金を払わずに済ませることもできます。

 さらに、配当金も投資信託の損失と合算できるので配当金から差し引かれた税金を還付することもできます。

 米国の人々は年末のこの時期、利益と損失を故意的に出して節税を行います。特に今年利益が出ている人は損失を故意的に出すことは有利な選択となります。

posted at 13:46:00 on 2011-11-18 by nmura - Category: 1, お金のトピックス

検索語句ランキング
  1. 睡眠預金 (510)
  2. 扶養範囲 (395)
  3. 個人年金 リスク (387)
  4. 人生にかかるお金 (375)
  5. 人生 費用 (343)
  6. 納税準備預金 メリット (310)
  7. 子供 育てる 費用 (234)
  8. エンゼル係数 (226)
  9. ニューナイスプラン (216)
  10. おねしょ妻 (176)