知らなかった、というだけで、私たちは随分とたくさんの無駄遣いをしています。
お金・生活に関わる話題を取り上げ、夫婦で明日はわが身と考えてみる・・。
独立系ファイナンシャルプランナー 『FP知恵の木』の伊藤さんご協力のもと、
プロのアドバイスも聞くことができます。

2011-10-28 住宅ローンの返済に関するご相談

■【 住宅ローンの返済に関するご相談 】

> 私の父は55歳になる会社員で、嘱託契約に基づき働いています。
>
> この度その契約期限を控え、会社から
> 契約の更新が困難であるとの話があったようです。
>
> そのこと自体は仕方ないのですが、
> 父にはまだ住宅ローンが2千万円ほど残っているようです。
>
> 母はまだ働いていますが、今後収入が大きく減ることもあり、
> 父は住宅ローンの中途返済を考えています。
>
> 元手はどうするのかと言えば、
> 父は祖母(父にとっての実母)から1千万円を借り、
> それを元手に中途返済をしようと考えています。
>
> このような場合に、生前贈与とみなされ
> 後で税金の納付命令が届いたりしないのでしょうか?
>
> 父はあくまで「借りる」と言っていますが、
> 親子間ですし、きっちりと書面で契約することはありません。
>
> 贈与税がかかるのであれば、
> いったいどのタイミングでいくらほどかかるのでしょう?
> そしてそれはどのようにして税務署の知る所になるのでしょうか?
>
> また、何か申告手続きをすれば税金が節約できたり
> 繰り延べたりできるのでしょうか?
> (相続時清算課税制度という制度を耳にしたことがあります)
>
> ちなみに父は身体障害者で、障害者手帳を持っています。
> もしそのことが何らか影響を与えるようでしたら、
> 併せてご教示頂ければと思います。
> 宜しくお願いします。


■【 CFP伊藤さんからのコメント 】

 こんにちは、『FP知恵の木』伊藤です。ご相談をお寄せいただきありがとうございます!

 1000万円が贈与とみなされる可能性はあります。事前に対策を準備することが賢明です。

 万が一、贈与とみなされると、231万円の納税となってしまいます。

 1)「借りる」のであれば、きっちりと書面で契約し、当然母に返済をして
 いる事実を残します。

 2)相続時清算課税制度を利用する(納税ゼロ)。ただし申告が必要。

 1000万円の返済方法も工夫したほうが良いと思います。たとえば、預金連動型の住宅ローンに借り換えることや、より金利の低い住宅ローンに借り換える等を検討すべきです。

 またのご相談やご感想、お待ちしております。ありがとうございました!

posted at 13:40:00 on 2011-10-28 by nmura - Category: 2, 相談コーナー

検索語句ランキング
  1. 睡眠預金 (510)
  2. 扶養範囲 (395)
  3. 個人年金 リスク (387)
  4. 人生にかかるお金 (375)
  5. 人生 費用 (343)
  6. 納税準備預金 メリット (310)
  7. 子供 育てる 費用 (234)
  8. エンゼル係数 (226)
  9. ニューナイスプラン (216)
  10. おねしょ妻 (176)