知らなかった、というだけで、私たちは随分とたくさんの無駄遣いをしています。
お金・生活に関わる話題を取り上げ、夫婦で明日はわが身と考えてみる・・。
独立系ファイナンシャルプランナー 『FP知恵の木』の伊藤さんご協力のもと、
プロのアドバイスも聞くことができます。

2011-07-08 返戻金少ない保険、解約は損?

■【 返戻金少ない保険、解約は損? 】

〇 低解約返戻金型と呼ばれる終身保険は、1990年代末から販売が始まり、ここ数年で急激に加入者が増えました。

〇 通常の終身保険に比べ月々の保険料が割安ですが、振込期間中に解約すると、通常の終身保険に比べ解約返戻金が3割ほど少ない設定になっています。

〇 一般的には、低解約返戻金型の終身保険は解約を慎重に考えたほうがいいでしょう。通常であれば払込期間が終われば、払い込んだ保険料の総額以上の解約返戻金が受け取れるためです。

〇 ただ、収入が大きく減り、その状況が長引く場合は損失覚悟で解約するのもやむを得ません。

 日経新聞 2011/7/3 - より抜粋


■【 明日はわが身と考えてみるぞ。 】

 まずは自分が加入している終身保険がどのタイプがきちんと知っておきたいですね。定期的に送付されてくる契約内容の確認などを見て、理解しておきましょう。

 記事で紹介されていたのは、ボーナス支給が減り住宅ローンの支払いが困難になった場合に、終身保険を解約して支払にあてようというケース。

 低解約返戻金型の終身保険を途中解約すると確かに損になるかもしれませんが、代わりに住宅ローンの繰り上げ返済をすると、その分利払いが軽減されることも考えられます。

 普通は保険商品の金利に比べれば、住宅ローン金利の方が高くなります。住宅ローンを払いながら、利回りの低い保険に固執するのは得策ではないかもしれませんね。貯蓄だけではなくローンも含めたバランスが大事ですね。


■【 プロの視点。CFP伊藤誠さんからのメッセージ。 】

 低解約返戻金型の保険加入は良いと思いますが、当然途中解約しないことが前提で契約すべき商品です。

 また、低解約返戻金型のような保険はお金が最も貯まる「山」があるのをご存じですか。

 低解約返戻金型はお金を貯める商品ですので、何年後に最もお金が貯まるという試算をして加入しているはずです。これを、そのままほうっておくとお金がどんどん目減りしていってしまいます。

 保険会社の担当はころころ変わるので、いつ解約すると最もお金が貯まっているか、契約して数年後や数十年後なので教えてくれないケースが多くありますよ。

posted at 13:19:00 on 2011-07-08 by nmura - Category: 1, お金のトピックス

検索語句ランキング
  1. 睡眠預金 (510)
  2. 扶養範囲 (395)
  3. 個人年金 リスク (387)
  4. 人生にかかるお金 (375)
  5. 人生 費用 (343)
  6. 納税準備預金 メリット (310)
  7. 子供 育てる 費用 (234)
  8. エンゼル係数 (226)
  9. ニューナイスプラン (216)
  10. おねしょ妻 (176)