知らなかった、というだけで、私たちは随分とたくさんの無駄遣いをしています。
お金・生活に関わる話題を取り上げ、夫婦で明日はわが身と考えてみる・・。
独立系ファイナンシャルプランナー 『FP知恵の木』の伊藤さんご協力のもと、
プロのアドバイスも聞くことができます。

2011-06-24 海外旅行保険 特徴つかみ、自分に合った選択を

■【 海外旅行保険 特徴つかみ、自分に合った選択を 】

〇 海外での病気や事故など不測の事態に備えて入っておきたいのが海外旅行保険。旅行会社の店頭で申し込む以外に、インターネット専門商品やクレジットカードの付帯サービスなどもある。

〇 店頭販売の商品のほとんどが旅行日数に応じて料金を設定しているのに対し、ネット専用商品は渡航先によっても保険料が変わる例が多い。

〇 ネット商品は短期間の旅行で利点が多く、お得感も高いが、アフリカなどに長期間出かける場合は、店頭商品の方が安い例もあるという。

 日経新聞 2011/6/12 - より抜粋


■【 明日はわが身と考えてみるぞ。 】

 3月の東日本大震災を機に、改めて損害保険に関心が集まっているそうです。とは言え、保険の契約は内容が難しく、保険料と保険金、補償対象なども分かりにくいと敬遠しがちです、、。万一の時に備え、基礎知識は身につけておきたいですね。

 海外旅行の際に、旅行保険に加入している人は3〜5割程度なんだそうです。クレジットカードにも保険がついているので、さらに海外旅行保険に入る必要はないと考える人が多いようです。

 損害保険会社がネット専用の海外旅行保険をやっているとは知りませんでした。やっぱりその魅力は安いことで、また行き先別に保険を選べるのもメリットです。

 選択肢が増えることはユーザにとって嬉しいですね。サービス内容も含めて自分の旅行に合った保険を選びたいですね。


■【 プロの視点。CFP伊藤誠さんからのメッセージ。 】

 海外旅行保険についてはあまり知識がなくすいません。

 私も、クレジットカードについているから別に加入しなくとも良いかなと感じるくらいです。

 損害保険と生命保険の違いは覚えておくと良いでしょう。

 生命保険はA社とB社でそれぞれ1000万円と2000万円死亡保険に加入していれば両方からちゃんと保険金がもらえます。合計3000万円。

 損害保険は損害額以上に保険金はもらえないので、同じように火災保険をA社とB社でそれぞれ1000万円と2000万円加入しても、家の再築が1500万円であればこれ以上もらえません。

 旅行保険も同じことが言えます。携帯電話を壊しても、壊した金額までしか保険金はでません。こうしないと、わざと火事にしたり壊したりする人が現れるからです。

posted at 12:20:00 on 2011-06-24 by nmura - Category: 1, お金のトピックス

検索語句ランキング
  1. 睡眠預金 (510)
  2. 扶養範囲 (395)
  3. 個人年金 リスク (387)
  4. 人生にかかるお金 (375)
  5. 人生 費用 (343)
  6. 納税準備預金 メリット (310)
  7. 子供 育てる 費用 (234)
  8. エンゼル係数 (226)
  9. ニューナイスプラン (216)
  10. おねしょ妻 (176)