知らなかった、というだけで、私たちは随分とたくさんの無駄遣いをしています。
お金・生活に関わる話題を取り上げ、夫婦で明日はわが身と考えてみる・・。
独立系ファイナンシャルプランナー 『FP知恵の木』の伊藤さんご協力のもと、
プロのアドバイスも聞くことができます。

2011-02-18 現在の生命保険 見直したい 6割超

■【 現在の生命保険 見直したい 6割超 】

〇 現在加入している保険を見直したいと考えている人の割合が6割を超えていることが調査で分かった。

〇 保険商品や補償内容の多様化で自分の加入している内容を把握するのが容易でないことが、背景にあるとみられる。

〇 保険の見直しで浮いたお金の使い道も聞いたところ、子供の教育資金など、将来のために貯蓄するが最多。

〇 現在や将来のくらしに関係するお金に充てたいとの回答が多かった。

 日経新聞 2011/2/13 - より抜粋


■【 明日はわが身と考えてみるぞ。 】

 保険の見直しに興味がある人は結構多いんですね。人生で2番目に高いと言われる買い物だけに、見直しの効果も非常にありますからね。

 保険商品もどんどん新しいプランが登場したり、補償内容が多様化したりしています。家族状況や将来の自分のプランが変わる際には、見直してみてもいいのではないでしょうか。

 FP知恵の木でも保険見直しサービスを行っています。独立系のファイナンシャルプランナーが、中立公平な立場を活かすことで、保険のムダを徹底的に炙り出し、思わぬヘソクリアップをお手伝いいたします。

 もし興味のある方はぜひ一度ご覧ください。
 【保険見直し提案書】→ http://www.chienoki.com/goods03.php


■【 プロの視点。CFP伊藤誠さんからのメッセージ。 】

 現在の生命保険を見直したい人が6割超。そんなに多いとは予想外でした。

 保険を使わなかった人の不満も、保険に加入していて良かった人の話も耳にするので、どちらの立場も良くわかります。

 確かなことは、子供が小さい時に大黒柱が無保険はおすすめできません。また、子供が成人しているにもかかわらず、保険を過剰に加入しているのもどうかと思います。

 保険はこう考えて加入すると納得します。

 ◎生命保険(死亡保険)
 自分が亡くなり、家族が生命保険のお世話になるのは万が1なので、残りの9999は不幸にも若くして亡くなられた方に保険料を寄付していると考えましょう。

 ◎医療保険(入院保険)
 80歳前にお世話になることはあまりありません。自分は一生健康で入院しないことを目指しましょう。保険料は不幸にも入院してしまった人へのお見舞いと考えましょう。(入院保険を使わないで損をしたと考えるのは、本末転倒です)

posted at 11:42:00 on 2011-02-18 by nmura - Category: 1, お金のトピックス

検索語句ランキング
  1. 睡眠預金 (510)
  2. 扶養範囲 (395)
  3. 個人年金 リスク (387)
  4. 人生にかかるお金 (375)
  5. 人生 費用 (343)
  6. 納税準備預金 メリット (310)
  7. 子供 育てる 費用 (234)
  8. エンゼル係数 (226)
  9. ニューナイスプラン (216)
  10. おねしょ妻 (176)