知らなかった、というだけで、私たちは随分とたくさんの無駄遣いをしています。
お金・生活に関わる話題を取り上げ、夫婦で明日はわが身と考えてみる・・。
独立系ファイナンシャルプランナー 『FP知恵の木』の伊藤さんご協力のもと、
プロのアドバイスも聞くことができます。

2010-12-17 個人年金に関するご相談

■【 個人年金に関するご相談 】

> いつもメルマガを楽しく拝見し
> 参考にさせて頂き感謝しております。
> 本日は個人年金の事でお尋ねいたします。
>
> 個人年金の場合、年金額に見合った税金が
> 差し引かれ入金されます。
> 其の入金された金額に又、雑所得として課税されますが。。
> これって二重課税には成らないのでしょうか?


■【 CFP伊藤さんからのコメント 】

 こんにちは、『FP知恵の木』伊藤です。ご相談をお寄せいただきありがとうございます!

 個人年金(自分で保険会社等でお金を貯め、老後に年金形式でたとえば毎年50万円づつ受け取る)

 公的年金(国民年金や厚生年金として国にあずけ、65歳以降一生年金が一定額もらえる)

 よく間違える点は、個人年金は自分で支払った金額と受け取った金額(儲け)部分のみ課税がされます。公的年金は受け取り金額すべてに課税されます。

 個人年金も公的年金も雑所得として課税がされます。

 例えば5万円税金が差し引かれて95万円の入金があったとします。この場合、雑所得は100万円で5万円既に税金を差し引かれていると申告します。

 95万円個人年金をもらったと申告することは間違えです。二重課税になってしまいます。ゆえに二重課税には成りません。

 またのご相談やご感想、お待ちしております。ありがとうございました!

posted at 11:26:00 on 2010-12-17 by nmura - Category: 2, 相談コーナー

検索語句ランキング
  1. 睡眠預金 (510)
  2. 扶養範囲 (395)
  3. 個人年金 リスク (387)
  4. 人生にかかるお金 (375)
  5. 人生 費用 (343)
  6. 納税準備預金 メリット (310)
  7. 子供 育てる 費用 (234)
  8. エンゼル係数 (226)
  9. ニューナイスプラン (216)
  10. おねしょ妻 (176)